1. Home
  2. ライフスタイル
  3. それどこの? と聞かれるアクセサリー。目を惹く素敵な仕掛け

それどこの? と聞かれるアクセサリー。目を惹く素敵な仕掛け

それどこの? と聞かれるアクセサリー。目を惹く素敵な仕掛け

以前、「それどこの?」と聞かれるバッグをご紹介しました。今回は「それどこの?」と高確率で聞かれるコスチュームジュエリーです。ブランドの名は「MAYU(マユ)」

ジュエリーメーカーに所属しながら彫金を学び、2006年秋冬に自身のブランドをスタートしたデザイナーの岡松真由さん。海外でも評価を受ける彼女のアクセサリーは、可愛らしさと凛とした美しさ、両方を併せ持っています。

「しなやかな女性がまとう香水のように、身につけた人の日常に溶け込み、いつも生き生きとした時間を演出すること」がコンセプト。こう聞くと、ナチュラルでベーシックなデザインイメージを抱くかもしれません。実際、彼女が得意とするものにパールを使ったデザインや、星モチーフを使ったものがあります。パールも星も、普遍的なものなのに、見た者が「お!?」と惹かれるのは、ちょっとした、でも印象的な「とっかかり」が加えられているから

奇抜すぎない、バランスのいい新鮮さ

20170718_mayu_1.jpg

リングを2つ繋げてパールを3つ並べたり、ピアスのキャッチにパールを配置して耳の後ろからのぞかせたり、クリアな樹脂の中にパールを閉じ込めたり。奇抜なわけではないのに、鮮度の高さを感じるデザインです。

つけてみると、このように。どうでしょう、なんだか不思議じゃありませんか?

20170718_mayu_2.jpg

ちなみにわたしが持っているのは、このクリアシリーズ。陽の光に煌めいて、とても美しいんです。

20170718_mayu_3.JPG

2017年秋冬は、耳元にフープを

さて、そんなMAYUから、秋冬の新作コレクションのニュースが届きました。テーマは「Ryhme」。韻をふむ、がキーワード。ソウルやブラックミュージックによってレコードレーベル「モータウン」が全盛期を迎えた1960年代から派生して1970年代にヒップホップが生まれていく、その端境期の少しレトロなファッションをイメージしているのだそう。

20170718_mayu_4.jpg
2017年秋冬新作の「Ryhme」。ピアス、左から20,000円、19,000円、18,000円、17,000円(税別)。※2017年7月末から各店随時発売。新作の代表的な取り扱い店舗はDrama.H.P.FRANCE、BARNEY'S NEW YORK、BEAMS、SHIPSなど。

シンプルなフープを前後で重ねあわせることで、韻をふんだかのような新たな奥行きが生まれています。フープという、これまた普遍的なアイテムではありますが、太めのラインで力強さとエレガンスをミックスさせ、新鮮な印象に導いているところが、さすが。

身につけることで自分の個性が発揮でき、他人からは興味や好意を抱かれるアクセサリー。しかも嬉しいことに、どれもお財布に優しいプライス。手に取らない理由がないかな、と思ってしまうわけで、ドレッサーに1つ、また1つと増えていくわけです。

MAYU

電話:03-3499-5377(ストローラーPR)

主な取り扱い店:BARNEY'S NEW YORK、BEAMS、DRAMA H.P FRANCE、伊勢丹新宿店、PENDULE VIA BUS STOP

MAYU

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    2. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

    7. 起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. すごくいい!晴雨兼用の優秀レインパンプス/青木貴子の「仕事の洋服」#02

    6. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

    10. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    それどこの? と聞かれるアクセサリー。目を惹く素敵な仕掛け

    FBからも最新情報をお届けします。