1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 毎日6,000歩以上歩いてる? 最も歩いているのは香港。日本は

毎日6,000歩以上歩いてる? 最も歩いているのは香港。日本は

1,303

毎日6,000歩以上歩いてる? 最も歩いているのは香港。日本は

スタンフォード大学のチームが、スマホのアプリによって世界中から集められた歩数についてのデータを調査・分析した結果を『Nature』に発表しました。

111か国、717,527人、平均95日間、計6,800万日分という、史上最大規模のデータからわかったことは......。

1日の歩数、日本は世界4位

20170730_walking_1.jpg
Image credit: Tim Althoff

上記は、111か国のうち十分なデータが集まった46か国における1日の平均歩数です。

日本は平均6,010歩で、第4位。歩くことに関しては世界一にちがいないと思っていたわたしには、ちょっと意外な結果でした。

トップ4カ国(地域)は、以下のとおり。

1位:香港 6,880歩

2位:中国 6,189歩

3位:ウクライナ 6,107歩

4位:日本 6,010歩

この4か国だけが6,000歩を超えています。5,000歩台にはヨーロッパ諸国やロシア、韓国などがランクイン。わたしが現在住んでいるアメリカは4,774歩で29位。

1日4,000歩を切った国も3か国ありました。第44位のマレーシアの3,963歩、45位サウジアラビアの3,807歩、最下位はインドネシアの3,513歩でした。

インドネシアの人は、香港の人のほぼ半分しか歩いていない計算になります。これが毎日、毎月、毎年積み重なっていくと、かなりの運動量の差になるはず。

活動量の格差が肥満率につながる

肥満大国のアメリカでとくに注目されたのは、チームが「Activity Inequality(活動量における不平等)」と呼ぶもの。つまり、活動量の多い人と少ない人との格差があるほど肥満率が高いことが判明しました。

アメリカは46か国中42位。アメリカの後ろには、エジプト、カナダ、オーストラリア、サウジアラビアが続きます。

日本はこの点では世界6位。上位5か国は、香港、中国、スウェーデン、韓国、チェコ。歩行数の多い人と少ない人との差が小さい国では、肥満率も低いということになります。

治安や車社会が歩行数に関係する

さて、日本とアメリカの生活が人生ほぼ半々のわたし。両国の日常生活における歩行量の差は実感しているところです。

アメリカ本土で最大の州なのに公共交通機関がほとんどなく、車に頼らざるをえないテキサス。だいたい、街そのものが歩行者向けにはできていません。危なくって歩けやしない。

あらゆるところにドライブスルーが設置されています。銀行、ドラッグストア、クリーニング屋、ファーストフード店、図書館の本返却ポスト、郵便局のポストなど。車から降りなくても用事がすませられるし、車の移動では座ってばかり。アメリカ人は、睡眠時間よりも座っている時間のほうが長いというデータがあるのは、そんな移動時間も含まれているからでしょう。

一方、日本では電車やバスを利用していても立つことも多く、駅や乗り換えの移動では歩きます。自転車に乗れば、座ってはいても運動はしています。

日常生活を営むなかで歩かざるをえない日本。でも、必要ならタクシーも使える。歩行者への配慮はいろいろなところに感じられるし、歩きたければ歩くこともできる東京のような都市はありがたいものです。そして、なんといっても街の治安がよいことも、歩くことができる大きな理由のひとつなんです。

わたしも自分が1日にどのくらい歩いているのか、がぜん興味が出てきました。万歩計、使ってみます。

Stanford News, Activity Inequality, USA Today, BBC, TED

photo by Shutterstock, Images and data courtesy of Stanford University

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    毎日6,000歩以上歩いてる? 最も歩いているのは香港。日本は

    FBからも最新情報をお届けします。