最近なんだか、髪も肌もカサカサになってきたみたい。と、ハッと感じる40代。

そういえばセックスの最中もなかなか濡れなくなってきた。危機感をもって調べてみたら......。

40代をおそうフェロモンレス

やはり40代は、更年期やホルモンの変化で性欲が減退していくよう。全身が乾きやすくなり、セックスの最中も濡れにくく痛みが伴いがちに。それと同時に、女性ホルモンのエストロゲンが日に日に減少していくのだとか。なるほど。これって、リアルに40代あるあるかも。

こうやって人はフェロモンレス、しいてはセックスレスになっていくのね......。と悲しくなりそうですが、フェロモンを取り戻す方法はいろいろあります。

そのひとつに、矛盾するようですがセックスライフを充実させることがあります。

若返りの秘訣は頻繁なセックス!?

英国の臨床心理士であるデービッド・ウィークス氏によると、週に3回セックスをしているカップルは実年齢よりも10年若くみられるという科学的な研究結果を発表しました。

Consumer Health Digest」より翻訳引用

若返り研究家として数々のメディアで活躍するデービッド・ウィーク氏によると、セックスをすることで肌や容姿に潤いが生まれるとのこと。

氏が言及するところによると、血液循環が改善され、ニキビやほてり、乾燥がなくなり肌が綺麗になっていくそう。そしてエストロゲン濃度も高まるので自然とフェロモンが出てくるのだとか。なるほど、10年若返ってみられるかどうかは個人によるものとしても、なんらかのフェロモンアップ効果が期待できそう。

でも、長年のパートナーには今さら燃え上がるようなときめきも恋愛感情もない。ネットでは、女性版バイアグラと呼ばれる薬やローションなどもあるけれど、できれば医薬品に頼らず改善していきたいもの。

そこで、ナチュラルに性欲を高める方法をいろいろ探してみました。

フルーツでリビドーを高める

イチジク、バナナ、アボカドは、リビドー(性欲)を高める食品で、性欲促進剤として知られています。

Healthline」より翻訳引用

なんでもイチジク、バナナ、アボカドは、性器に血流を増やす重要なビタミンやミネラルが豊富なんだとか。性欲を高める食べ物としては、セックスミネラルと呼ばれる牡蠣が有名ですが、フルーツのほうが日常で手に入りやすく口にしやすいことを考えれば、試してみる価値はあるかもしれません。

オーガズムに早く達するダークチョコレート

内分泌学者パンカジ・アガルワル氏によると、チョコレートは、リラックス、興奮、歓びをもたらす(恋愛ホルモン)フェネチルアミンを含みます。(中略)またカカオは(リラックスホルモン)セロトニンを増やし、オーガズムに達するのを早めてくれる効果があるのです。

Eat this not that」より翻訳引用

古くから媚薬として有名だったダークチョコレート。主にムードを盛り上げたり、気持ちをリラックスさせたりと精神的な部分で効力を発揮するそう。フェネチルアミンは、別名恋愛ホルモンと呼ばれる神経物質。恋をし始めたときのドキドキ感(?)が復活するかもと、思わず期待を抱いてしまいます。

古代エジプト発のヘルシーオイル

ブラッククミンシードオイルは、古代より性欲を高めたり性的障害の治療として用いられてきました。複数の研究結果で、現代でもその裏付けがなされています。

mbg」より翻訳引用

今注目のスーパーフードとして話題のブラッククミンシードオイル。古代エジプトでは万能薬として崇められてきました。性欲を高めてくれるほか、肌や髪、爪を細胞から綺麗にしてくれたり、ダイエット効果が期待できたりと、心身ともに潤いをもたらせてくれることでも有名です。

セックス前に20分の運動を

Healthline」によると、性欲減退の大きな原因は「ストレス」。普段から、健康的な生活を送ってストレスフリーに過ごすことが大切だと言っています。エクササイズや瞑想、そしてたっぷりの睡眠でエネルギーを蓄えておくといいようです。

また「Thetelegraph」によると、セックスの5〜15分前に20分程度の運動をしておくと40代女性の興奮速度をアップさせてくれると記されています。ちょっと笑ってしまいますが、エクササイズの延長で頑張ってみるのもいいかもしれません。

薬や医師に頼ることもひとつの手かもしれませんが、日常の延長でも私たちのセックスライフを豊かにし、フェロモンを取り戻せる方法はいくらでもあります。

内面から潤いきらめいて充実していく。そんな生活をまだまだしていきたいですよね。

Lifehack,DairyNews

文/Jaco tips

photo by Shutterstock