cafeglobeの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. キャリア
  3. アメリカ人がいつもニコニコしている理由がわかった

アメリカ人がいつもニコニコしている理由がわかった

アメリカ人がいつもニコニコしている理由がわかった

アメリカへ行ったら、なんだかやたらに人が笑顔だなと感じたことはありませんか。

これは日本人だけではなく、ヨーロッパの人たちも同じ印象を持っているようです。

移民が多いから笑顔になる

なぜアメリカ人は笑っていることが多いのか、しかも、知らない人にまでニコニコしているのか。

その理由は思いがけないところにありました。

The Atlantic」によると移民が多いから。移民が多いと、非言語コミュニケーション、つまりこの場合は笑顔に頼るようになるそうです。

2015年に発表されたブラウン大学の研究では、16世紀以後のアメリカ移民の出身国の数は60か国以上になるそうです。違う言語を話す人たちがおたがいを信頼して、ともに生活していくための潤滑油が「笑顔」だというわけです。

英語の「笑う」動詞の多さにも注目

雪と氷の世界に住むイヌイットの言語は、英語と比べて、さまざまなタイプの雪や氷を表す単語がずっと多いと言われています。

というわけで、笑いを重視するアメリカの英語を日本語と比べてみました。

日本語では、笑いを表す動詞といえば「笑う」「ほほえむ」「嘲笑する」「苦笑する」など。いろいろな笑いは、擬態語や擬音語を加えて「くすくす笑う」「げらげら笑う」のように表現されるから、動詞そのものの数は少ないようです。

いっぽう英語では、「smile(ほほえむ)」「 laugh(声を出して笑う) 」「beam(輝くようなニコニコ顔)」「chuckle(くすくす笑い、ほくそ笑む)「giggle(くすくす笑う)」「chortle(声高に笑う)」「sneer(冷笑する)」「grin(にやっと笑う)」「cackle(かっかっと高笑いする)」「titter(神経質そうなくすくす笑い)」「guffaw(がはは笑い)」と、動詞そのものが異なるのです。

こう考えると、やはりアメリカでは「笑い」がぐっと重視されていることがわかります。

東京の人のほうが不幸なわけじゃない

「The Altlantic」の記事が目に留まったのは、アメリカ生活が長くなるにつれ、東京へ帰るたびに街ゆく人たちの表情がなんだか暗いなと思い始めていたからなのです。

これを読んで、東京の人がアメリカ人と比べて不幸なわけではなく、文化的な違いがあった、ということがわかって安心しました。

アメリカ人と接するうえで、笑いについてのこんな文化的なスタンスを知っておいても損はありません。

The Atlantic,Washington Post,Brown University

photo by Shutterstock

Writing byぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    3. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    4. 裏方だからこそ、力がなくては役に立てない/トランスコスモス吉止幸路さん、石井美彩さん

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. 新卒とココが違う。キャリア転職で知っておくべき面接マナー

    8. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 気になるSATC続編。キムが提案する新サマンサ役は?

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. アルマーニのグロークリームで最強素肌へ

    9. 箱根駅伝トップ校から学ぶ、チームを伸ばすマネジメントテク

    10. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    3. 見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

    4. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    5. 好かれるとはちょっと違う! 職場で尊敬される人になるには

    6. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    7. 「味わう」を意識すると人生は豊かになる。ソムリエ・佐藤陽一さんの哲学

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    10. すでにアラフォーの半数以上がはじめてる。2018年の自分磨き事情

    アメリカ人がいつもニコニコしている理由がわかった

    FBからも最新情報をお届けします。