1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 不機嫌じゃないのに誤解される。RBFってどんな顔?

不機嫌じゃないのに誤解される。RBFってどんな顔?

1,944

不機嫌じゃないのに誤解される。RBFってどんな顔?

先日、アメリカ人に笑顔が多い理由は移民が多いからという説を紹介しました。

ふつうの表情なのに不機嫌に思われる「RBF」

わたしがアメリカに引っ越した20年ほど前には聞かなかったけれど、この数年で耳にすることが増えた言葉に、「Resting Bitch Face」があります。

2000年以後に使われるようになったといわれるこの表現は、ふつうの表情なのに機嫌が悪く見える人のことを指すんです。

こんな言葉が生まれたのも、笑顔を重視するお国柄ならではなのかもしれません。本人はニュートラルな表情をしているのに不機嫌だと思われる、そして、それがとりたてて騒がれるのも、前回紹介した文化的背景があるからだと思いました。

また、「The Atlantic」によると、アメリカ人は他国の人びとにくらべて、エネルギッシュでハッピーな感情を重視することも判明しています。

だから、ほほえみよりも、大きく開けた口から白い歯が見えるような笑顔が定番となっていて、それ以外はあまりハッピーには見えないようです。

「RBF」のセレブたち

「RBF」でまず挙げられるセレブには、アナ・ケンドリックがいます。

『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞助演女優賞候補、『イントゥ・ザ・ウッズ』や『ピッチ・パーフェクト』では歌って踊れるところも見せつけた、小柄な体にパワーあふれる多才な女優なのですが......。

アメリカの深夜トーク番組『The Late Late Show with James Corden』では、「RBF」の代表のように言われていることについて心外な気持ちを吐露。乙女心が傷つくわ。

それから、クリステン・スチュワート。たしかに笑顔は少ないような......。

A post shared by Yeezus. (@privatekanye) on

男性陣ですぐに名前が挙がるのは、カニエ・ウェスト。いつもムッとしたような表情です。男性には「Resting Asshole Face」という表現が使われることも。

A post shared by Yeezus. (@privatekanye) on

だから、こんな笑顔の彼は別人みたい。

アナやクリステンは、不機嫌というよりは、キリッとした表情でむしろかっこいい気がするのですが。それは、受け手のわたしが日本人だからかもしれません。

誤解される可能性もある

アメリカ人(といってもいろいろな人がいますが)とつきあうときには、笑顔重視傾向と、ふつうの表情でも不機嫌に見られる可能性を心に留めておくといいでしょう。

パーティなどの場で、「大丈夫?(Are you OK?)」「楽しんでいる?(Are you having fun?)」と何度も聞かれるようだったら、ふつうの表情なのに相手には「RBF」と思われているのかもしれません。この誤解、じつはわたしの身にも起こったことなのでした。

The Atlantic, Refinary29

photo by Gettyimages

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    不機嫌じゃないのに誤解される。RBFってどんな顔?

    FBからも最新情報をお届けします。