ここ数年、注目度がうなぎのぼりの学問といえば「ポジティブ心理学」。どうすればもっとハッピーに生きられるのか――そんな素朴な疑問に答えるべく、行動・態度・選択と幸福感の相関関係の研究が、世界各地で進められています。

研究者によると、幸福感の約40%は私たち自身でコントロールできるとのこと。残りの約60%は遺伝的要因と外的要因に左右されるとはいえ、毎日の行動で今より40%も幸せになれるなら、試さない手はありません。科学的裏付けに基づく、幸せになるための9つのヒントがこちらです。

1.自分を支えてくれる人と強固な信頼関係を築く

最も幸福(かつ最も健康的)だったのは、自分を支えてくれると信頼できる相手と強固な関係を築きあげた人々だった。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

ある研究で数百人の男性を70年以上も追跡調査したところ、この事実が判明したといいます。支えあう人がいることが、幸福と健康の基盤。確かに、社会的にどれほど成功した人でも、身近な人との関係が冷え切っていたら「幸福」とは言えない気がします。

2.お金より時間を大切に

幸福度が高い人は、お金よりも、生活の中でより長い自由時間を得ることを好む。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

という調査結果が。いますぐ実現できなくても、そうしたマインドセットで生きようとするだけで満足感が高まるとのこと。

3.生活に必要なお金を見極める

人間の幸福度は、年収約7万5千ドル(約844万円)までは金額と共に上昇することが、複数の研究から分かっている。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

という事実は、やみくもな年収アップが必ずしも幸福と結びつかないことを教えてくれます。住んでいる地域、自分の生活スタイルと照らし合わせて、労働時間と年収を見直してみると、新しい気づきがあるかもしれません。

4.生活のプラス面を楽しむゆとりを持つ

ゆとりを持って自分の生活のプラス面を見つめる人の方が、高い満足度を示す傾向がある。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

毎日をあわただしく過ごしていると、生活が義務のようになって「幸せ」を感じにくくなります。道に咲く花々の美しさに目を止めるような余裕が、日々の幸福感を高めてくれます。

5.人に親切に振る舞う

親切な振舞いは気分を良くしてくれる。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

道徳でも宗教でもなく、科学的に実証されていることに驚き。ボランティア活動をしたり、友人や家族へのちょっとした手助けを惜しんだりしない人のほうが、より幸福を感じているそうです。

6.運動して汗を流す

複数の研究によると、身体活動レベルの上昇はより高い幸福感に結びつくことが分かっている。運動には、一部精神疾患の諸症状を和らげる傾向もある。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

要職にある人が、仕事を始める前に必ずひと汗流すというのは良く聞く話。健康やダイエットのためだけでなく、幸福感を感じるためと思えば、さぼっていたジム通いも復活できそうな気がします。

7.モノより体験

モノではなく体験にお金を払うと、人はより大きな幸せを感じる傾向がある。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

モノを買うときも、趣味の道具や新しい本など、楽しい体験をもたらすものを買うと幸福度が高まるのだそう。人間は結局、なにかを「やってみる」ことに一番ワクワクする生き物なのかもしれませんね。

8.「今、ここ」に意識を向ける

マインドフルネス瞑想を実践している人の方が、より高い幸福感を味わっていることがいくつかの研究で分かっている。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

「今、この瞬間」を意識することで、不安やストレスを和らげ集中力を高めるマインドフルネス瞑想。日常的に瞑想を行うことで、「幸福ホルモン」であるセロトニンの量がアップするという報告もあります。瞑想という形をとらなくても、食べる、聴く、誰かと話す、といった「今していること」に没頭するだけでもいい変化がありそうです。

9. 友人と過ごす時間を大切にする

顔見知りにあいさつすると、幸福感は高まる。親友の中でも、特に幸福な友人との交流は、自分自身の幸福感を大きく高めてくれる。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

あいさつは、人との関わりの第一歩。好きな人や、ほっとできる人と過ごす時間ほど幸せを感じることなんて、なかなか見つからないですよね。

トルストイの『アンナ・カレーニナ』に、「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」という一節があります。幸福に決まったパターンがあるのなら、不幸になるよりも、幸福になるほうがきっと簡単なはず。ポジティブ心理学の9つの法則が、その近道になってくれるかもしれません。

BUSINESS INSIDER JAPAN

photo by Shutterstock