1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 軽くて発色よしで潤って。すべて備えた新ルージュ ディオール

軽くて発色よしで潤って。すべて備えた新ルージュ ディオール

軽くて発色よしで潤って。すべて備えた新ルージュ ディオール

「ルージュ ディオール」。女性の笑顔を美しく彩りたいと考えたクリスチャン・ディオールが、自身の名を冠したリップスティックを発売したのは1953年のこと。メイクアップ製品として初めてお目見えしたのが、このリップスティックでした。

メイクの魔法の恩恵にあやかる私たちにとってはもちろん、メゾンにとっても大切な存在であったルージュ ディオールは、誕生から約60年の時の中で時代とともに変化を続け、2016年秋にメイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスによって新たに生まれ変わりました。それすら記憶に新しい出来事なのですが、2017年秋、さらなる発展を遂げるとのこと。ルージュ ディオール史上初のティントタイプが登場します。

3つの質感、豊富なカラーバリエーション

新製品「ルージュ ディオール リキッド」は、唇を染めるように色づくティントタイプマット、サテン、メタリックと3種の仕上がりで、全24色リリースされます。

20170807_dior_1.jpg
大胆な発色が12時間続くティント リキッド ルージュ「ルージュ ディオール リキッド」全24色(限定4色)各4,200円(税抜)。リップラインをなぞりやすく、たっぷりとリキッドを含む秀逸なアプリケーター。※2017年9月1日(月)発売予定

「はっとするようなマット、サテン、メタリックの仕上がりを実現し、すべての肌色に合うシェードレンジを創ろうと思いました」(ピーター・フィリップス)

視線を奪う鮮やかなレッド「999 マット」や、甘くなりすぎないピンク「162 ミス サテン」など、色のラインナップが素晴らしい。

20170807_dior_2.jpg20170807_dior_3.jpg
上:「色の見え方に変化をもたらす輝きをあえて取り払い、色そのもののインパクトを強めた」(ピーター)というマットタイプのイットシェード「999 マット」。

下:「唇と肌を美しく見せる可憐なベージュは、すべての女性が気に入ってくれるはず」とピーターが太鼓判を押す「162 ミス サテン」。

「真紅やブラックなど際立ったカラーが好きなのですが、今回のナチュラルシェードの開発はとても面白かった。ローズウッドをまとう数々の女性を思い浮かべながら、ベージュからチョコレートピンクまで、繊細なグラデーションのカラーパレットを創りました。唇本来の色や肌の色に合う、ナチュラルなシックルックが叶うはずです」とピーターが話す、ヌードカラーにも注目を。

20170807_dior_4.jpg
ナチュラルでシックなヌードブラウン「614 ジャングル マット」。「唇本来の色を中和して無機質なヌードルックを叶えたり、60年代風のレトロで楽しいエフェクトを実現させたり。軽やかでクリーミーなベージュは1つで2役こなします」(ピーター)。

叶えたいすべてを実現したテクスチャー

ピーター・フィリップスは色の魔術師と呼ばれる人物ゆえ、色のクオリティの高さは言わずもがな。個人的に「最高!」と思ったのは、テクスチャーです。薄いシリコン樹脂でコーティングされたパウダーを配合し、ミネラル ワックスとゲルを組み合わせ、さらに2種のオイルをブレンド。よって、唇にのせるとスッと伸び広がり、厚みはまったくないどころか、つけていることを忘れるくらい軽くて、密着度が高い。なかでも驚いたのはマットで、リキッドなのにサラリとした仕上がり、それでいて乾いた感じはゼロ。塗り直しを忘れがち、かつお洒落なマット質感に憧れるもカサつきが気になる筆者にとって、ありがたい色持ちと保湿力。

そもそも濃密な発色と軽さとは、両立不可能とされてきていました。さらに、薄づきなのに、発色は長持ち。サラッとしているのに潤う。両方欲しいけど、両方叶えることは技術的に難しかった、そんな相反する機能を搭載している......。

ううむ、あっぱれ!

「あっぱれ」とは、喜びにしろ悲しみにしろ、心のそこから湧き出る感情のすべてを表す語。この新アイテムを使って湧き出た感動を、この言葉にのせて表現したいと思います。

パルファン・クリスチャン・ディオール

電話:03-3239-0618(カスタマーサービス)

※2017年8月9日(水)〜15日(火)まで伊勢丹新宿店にて世界先行販売予定。

パルファン・クリスチャン・ディオール

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    2. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

    7. 起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. すごくいい!晴雨兼用の優秀レインパンプス/青木貴子の「仕事の洋服」#02

    6. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

    10. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    軽くて発色よしで潤って。すべて備えた新ルージュ ディオール

    FBからも最新情報をお届けします。