1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 近づくと......あのシルエットが浮かぶレペットの新作ハイヒール

近づくと......あのシルエットが浮かぶレペットの新作ハイヒール

近づくと......あのシルエットが浮かぶレペットの新作ハイヒール

クラシカルなバレリーナのイメージから解放されて誕生したレペットの「デトロイト」シリーズから、ヒールにポワントのシルエットが施されたハイヒールが登場しました。

20170829_repetto_1.jpg
Sur pointes(シュール・ポワント) 120,000円(税抜)

ポワントのフォルムがそのままヒールに

レペットといえば、ダンスシューズのように履きやすいタウンユースできるバレリーナシューズをまず思い浮かべます。カラフルで歩きやすく、コーディネートもしやすいことから、色違いで揃えている方もいますよね。この代表的なラインをこえて、2016年春夏プレコレクションに登場したのが、クラシカルなバレリーナのイメージから解放された「デトロイト」です。

初めて「デトロイト」を見たときには、レペットに繊細なハイヒールがあることに驚いたのですが、それを上回る衝撃のヴィジュアルが届きました。ヒールにバレエダンサーのポワントのシルエットを施した「Sur pointes(シュール・ポワント)」です。ヒールに、このシルエットを落とし込むとはとても独創的。しかも、レースアップされている部分まで忠実に表現されています。

オーダーメイドもこなすクラフトマンシップが光るシューズ

ファッション性だけでなく、人間を支え、快適さを求められる靴づくりにおいて、これだけの遊び心が出せるのは、レペットのクラフツマンの技術の高さがうかがえます。クラシックバレエでは、ポワントで立てるようになるには相当のレッスンが必要なので、そこまで達することなくやめてしまった私のような人には、憧れのシルエットです。自分のポワントでは無理だったので、ヒールでこのシルエットを手に入れられるのはうれしいと思いました。

ヒールは、自分自身で見ることは少ないのですが、意外に人から見られている部分なので、ロングドレスやワイドパンツからのぞくインパクトのあるシルエットは、パーティーシーンの注目の的になりそう。ダンスシューズからスタートしたブランドだけに、70周年の節目の新作がダンサーのポワントシルエットというのは、なんだかうれしくなりました。

芸術の秋、舞台鑑賞などに出かけるときにも、気分が盛り上がりそうですね。

Repetto

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    近づくと......あのシルエットが浮かぶレペットの新作ハイヒール

    FBからも最新情報をお届けします。