灼けた素足にモードなハイヒール、クラランス・レッドのドレスを颯爽と着こなすのは、フランスの化粧品ブランド「クラランス」を代表する女性のひとりマリエレン・レアさん

「私の仕事はコミュニケーション」と話し、新製品発表のたびに精力的に世界各地を訪れるマリエレンさんに、仕事術やフランス女性らしいエイジングとのつき合い方についてうかがいました。

年齢を重ねることは人生のプラス要因

170901_clarins_1.jpg

エイジングに関して、たとえば「アンチエイジング」という言葉は、私の国フランスではあまり使いません。なぜなら、老化を防ぐことはできない、ということは明白な事実だからです。

日仏を問わず、成熟した女性にとって大切なのは「プロエイジング(年齢を重ねることを肯定する)」という概念だと思います。そして美しく歳を重ねるために必要なのは、正しい習慣を身につけること。スキンケアだけでなく、ライフスタイルや食生活も含めて生活習慣を見直すことが必要です。

私も50歳を超えて、自分にとって何が必要で、何が必要でないかがわかってきました。それがわかるということは、人生の大きなプラス要因です。

「会いに行って話す」ことが効率アップにつながる

170901_clarins_2.jpg

仕事で大切なのは「人」だと思っています。相手を信頼し、自分も信頼されることで、仕事仲間は多くのものをもたらしてくれます。

意見を交換するときは、ポジティブなことであってもネガティブなことであっても、直接話し合うことが有効です。気をつけているのは、なるべく電話やメールではなく、その人に会いに行くこと。顔を見て話すことで、仕事の上でも効率がアップすると確信しています。

私の仕事はコミュニケーションであり、コミュニケーションにおいてエモーションというのは、とても重要なツールなんです。話すことでお互いの理解が深まるし、対立をなくすことができます。

そしてもうひとつ、仕事の上で大切にしているのは、好奇心。好奇心を持って毎日のように身のまわり、世界で起きていることに関心を寄せる、調べてみる、観察すること。そのために、一般誌だけでなく建築、医学、食など幅広く専門誌を読むようにしています。店舗めぐりをして、巷でどんな製品がつくられているのかを知ることも大切。そういった行動が栄養源になって、私を豊かにしてくれます。

クラランスを代表する美容液がリニューアル

170901_clarins_3.jpg

9月14日(木)に、世界同時発売となるクラランスのエイジングケア美容液「ダブル セーラム EX」。1985年の誕生以来、8回目のリニューアルとなるクラランスの代名詞的な存在です。

「ダブル セーラム EX」は、肌の必須5大機能に着目した美容液。再生、保護、栄養チャージ、酸素チャージ、水分チャージ、この5つの機能を活性化するのに必要な成分を配合しています。

今回リニューアルに踏み切ったのは、細胞のシステムを強化するスター成分を発見したから。それがウコンに含まれるターメロンという成分です。私たちは世界中のウコンから南インドのウコンを採用しました。

20170913_clarins_5.jpg
ダブル セーラム EX 30ml 11,000円(税抜) ※9月14日(木)より発売

また「ダブル セーラム EX」は、オイルセラムとウォーターセラムを2つのボトルに分け、ポンプを押した瞬間に混ざり合って出てくるクラランス独自の構造にしました。肌の保護膜に非常に近い黄金バランス(水分70%、油分30%)だから、肌への浸透力も抜群。いつもフレッシュな成分を肌に届けることができます。あらゆる年齢の方に使っていただきたいエイジング美容液です。

私が愛用しているワケ

170901_clarins_4.jpg

じつはクラランスに入る前、別のブランドの仕事をしていたときから「ダブル セーラム」を愛用していたんです。私にとっては......こういうと笑われるけれど、切れ味鋭いスイスナイフのような存在。

出張がとても多いから、気候の変動や蓄積疲労が肌へのダメージになります。でもこの1本がバッグにあれば安心。機内にも必ず持ち込んで、眠る前には多めにボトルから出してケアしています。肌の変化だけでなく、スケジュールの変化にも対応してくれる製品であることが、私が「ダブル セーラム」のファンである理由です

今回の新ボトルは、季節や好みに合わせて使用量を自由に調整できるので、さらに使いやすくなりました。ぜひ手にとってみてください。

170901_clarins_prof.jpgマリエレン・レアさん

クラランス インターナショナル サイエンティフィック コミュニケーション ディレクター。薬学博士号を取得後、大手製薬会社、外資系の大手化粧品会社を経て、2015年より現職。クラランスの科学的植物研究とその革新、製品の魅力を世界中に発信している。

クラランス

撮影/千葉ゆうこ 取材・文/田邉愛理