1. Home
  2. キャリア
  3. 自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

起業というと、カリスマ的才能を持った人が、がむしゃらに頑張って成し遂げるものだと思っていました。オーストラリアの若きCEO、アリ・キティナス(16歳)のことを知るまでは。

「社会の役に立ちたい」から起業

彼女が起業したのは、2015年。エシカルなコーヒー豆と砂糖が原料のスクラブを販売する会社「Freedom Scrub(フリーダム・スクラブ)」を立ちあげ、現在でも順調に利益をだし続けています。

「フリーダム・スクラブ」の特色は、商品1つの購入が、インドのコルカタのスラムで暮らす子どもたち5人分の医療費につながること。アリは、会社の利益で途上国の支援をする、いわゆる社会起業家ということになります。

利益を社会に還元したいと思っているし、若者だって(社会問題解決の)役に立てるって、みんなに知ってほしいの。

Mail Online」より翻訳引用

とストレートに語る彼女。起業のアイデアが浮かんだのは、コルカタを訪れたときに目撃した、貧困層の子どもたちの悲惨な状況でした。

母親と二人三脚で会社運営

「フリーダム・スクラブ」のサイトを見てみると、ブランディングがきちんとなされているのが一目瞭然。貧困支援のための基金「Hope Foundation」も立ちあげ、マネタイズの面でも成功しているように見えます。

ブランディング、マーケティング、マネタイズ......。経営に必要な知識を一体高校生がどうやって? と気になるところですが、母親のリンさんに手伝ってもらっているそうです。

ママが法務と財務を手伝ってくれてるの。私はマーケティングと商品開発をやってるわ。

Mail Online」より翻訳引用

もともとコーヒーや砂糖を使ったスクラブは、アリが友人たちへのプレゼントに手作りしていたもの。商品化しビジネスを軌道に乗せるには、会社を辞めて独立の準備をしていた母親の手助けが不可欠でした。

孤軍奮闘だけが起業の道ではない

母親のリンさんは、アリのことを「いつも元気をくれる娘。誇りに思う」と語り、ビジネスの手助けをすることに満足しているようです。

キャリア女性が独立や起業を考えるとき、とにかく自分で頑張らなければ、と孤軍奮闘することもあるかもしれません。けれど起業となると、下準備に資金調達、その後の運営などひとりで抱え込めない事柄がたくさん出てきます。手が回らないことや苦手な分野は、それが得意な人に任せるのも起業を成功させる秘訣

思ったことを実現するために、人の手を借りながら起業したアリ。その姿は、ひとりで苦闘せず、周囲を巻き込みながら切り開く道もあると教えてくれます。

Freedom Scrub, SBS

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    6. なぜ「Uber」は成長したのか。そこにあった4つの要因

    7. 出自ではなく「道具を使いこなせる人」が評価される時代へ/久保友香さん[中編]

    8. 所有欲を満たすファッションはおわり。ブロックチェーンがつくる新たな経済圏/矢野莉恵さん[インタビュー]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. ブロックチェーンが働き方を自由にし、ビジネスを民主化する

    1. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    2. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    3. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. すべての個人が輝ける企業に。ダイバーシティが確実に未来を変える

    8. なにをどう学んでいけば良いのかわからない? 落合陽一さんより、学び方のヒントです

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    1. 科学が裏付けた、バナナの健康パワー10

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    8. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    9. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

    FBからも最新情報をお届けします。