1. Home
  2. キャリア
  3. 自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

起業というと、カリスマ的才能を持った人が、がむしゃらに頑張って成し遂げるものだと思っていました。オーストラリアの若きCEO、アリ・キティナス(16歳)のことを知るまでは。

「社会の役に立ちたい」から起業

彼女が起業したのは、2015年。エシカルなコーヒー豆と砂糖が原料のスクラブを販売する会社「Freedom Scrub(フリーダム・スクラブ)」を立ちあげ、現在でも順調に利益をだし続けています。

「フリーダム・スクラブ」の特色は、商品1つの購入が、インドのコルカタのスラムで暮らす子どもたち5人分の医療費につながること。アリは、会社の利益で途上国の支援をする、いわゆる社会起業家ということになります。

利益を社会に還元したいと思っているし、若者だって(社会問題解決の)役に立てるって、みんなに知ってほしいの。

Mail Online」より翻訳引用

とストレートに語る彼女。起業のアイデアが浮かんだのは、コルカタを訪れたときに目撃した、貧困層の子どもたちの悲惨な状況でした。

母親と二人三脚で会社運営

「フリーダム・スクラブ」のサイトを見てみると、ブランディングがきちんとなされているのが一目瞭然。貧困支援のための基金「Hope Foundation」も立ちあげ、マネタイズの面でも成功しているように見えます。

ブランディング、マーケティング、マネタイズ......。経営に必要な知識を一体高校生がどうやって? と気になるところですが、母親のリンさんに手伝ってもらっているそうです。

ママが法務と財務を手伝ってくれてるの。私はマーケティングと商品開発をやってるわ。

Mail Online」より翻訳引用

もともとコーヒーや砂糖を使ったスクラブは、アリが友人たちへのプレゼントに手作りしていたもの。商品化しビジネスを軌道に乗せるには、会社を辞めて独立の準備をしていた母親の手助けが不可欠でした。

孤軍奮闘だけが起業の道ではない

母親のリンさんは、アリのことを「いつも元気をくれる娘。誇りに思う」と語り、ビジネスの手助けをすることに満足しているようです。

キャリア女性が独立や起業を考えるとき、とにかく自分で頑張らなければ、と孤軍奮闘することもあるかもしれません。けれど起業となると、下準備に資金調達、その後の運営などひとりで抱え込めない事柄がたくさん出てきます。手が回らないことや苦手な分野は、それが得意な人に任せるのも起業を成功させる秘訣

思ったことを実現するために、人の手を借りながら起業したアリ。その姿は、ひとりで苦闘せず、周囲を巻き込みながら切り開く道もあると教えてくれます。

Freedom Scrub, SBS

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    7. 怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. 不安に負けない。indaHash CEOのマインドタフネス [MASHING UP]

    10. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    8. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    自分ひとりで頑張らない。ティーンエイジCEOの起業術

    FBからも最新情報をお届けします。