1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ギネスビールみたいな水出しコーヒーが飲める、スターバックスの高級店

ギネスビールみたいな水出しコーヒーが飲める、スターバックスの高級店

1,028

ギネスビールみたいな水出しコーヒーが飲める、スターバックスの高級店

適度におしゃれで、落ち着ける。出先でちょっと時間ができると、つい入ってしまうスターバックス。

そんなスターバックスに、「スターバックス リザーブ(STARBUCKS RESERVE®)」と呼ばれる高級店があるのをご存じでしょうか。

コーヒー通のための特別な店舗

アメリカでは、2017年に1000店舗をオープンする勢いで拡大している「スターバックス リザーブ」。希少なコーヒー豆を使った特別なコーヒーを、バリスタがサイフォンなどを使って提供します。異なる種類の豆の飲み比べや、水出しコーヒーのアレンジメニューも多彩。大手チェーンよりも、個人が営むカフェを好むコーヒー通を取り込みたいという、スターバックスの願いが込められた特別な店です。

170908_coffee_1.jpg

「BUSINESS INSIDER JAPAN」では、カリフォルニア州レッドウッドシティにある「スターバックス リザーブ」の店舗が紹介されていました。今までのスターバックスよりも広々として落ち着きがあり、カウンターもレトロなカフェのよう。

コーヒーカップのデザインもクールで、これぞインスタ映えといった趣きです。

170908_coffee_3_2.jpg

3種類の豆を選ぶテイスティングメニュー「オリジン・フライト」は10ドル(約1100円)。豆の産地を詳しく説明するカード、テイスティングの合間に口をすすぐ炭酸水とともに提供されます。

170908_coffee_2_2.jpg

ふわふわした泡がギネスビールのような「ナイトロコールドブリュー・ウィズ・スウィートクリーム」。希少豆をブレンドした水出しコーヒーに窒素ガスを加えて、タップから高圧で注いだドリンクです。

この「ナイトロコールドブリュー」は、日本でも飲むことができます。気になる方はGINZA SIXの銀座 蔦屋書店か、東京ミッドタウンにある「STARBUCKS RESERVE® BAR」へどうぞ。

スターバックスよりは割高だけれど、ゆったりした時間が過ごせる「スターバックス リザーブ」、日本でもぜひ増えてほしいと思います。

[BUSINESS INSIDER JAPAN]

photo by Melia Robinson/Business Insider

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    ギネスビールみたいな水出しコーヒーが飲める、スターバックスの高級店

    FBからも最新情報をお届けします。