1. Home
  2. プレゼント
  3. 真珠の輝きを肌に。「ミキモト コスメティックス」のポイントメイクアップシリーズ

真珠の輝きを肌に。「ミキモト コスメティックス」のポイントメイクアップシリーズ

真珠の輝きを肌に。「ミキモト コスメティックス」のポイントメイクアップシリーズ

ファッションの秋は、服装だけでなくメイクも秋の装いに。だからといって、あまりダークカラーばかりを選んでしまうと、表情が暗く見えてしまうことも。ミキモト コスメティックス9月1日にリリースした「PEARL PRECIOUS AURA point make up」で大人らしい華やかな輝きを手に入れてみませんか? 洗練された色と質感で大人の肌を彩るポイントメイクアップシリーズです。

ミキモト コスメティックスは、あの〈真珠のミキモト〉によるコスメブランド。「世界中の女性を真珠で飾りたい」という創業者の想いから生まれ、研究の末に真珠を美しく輝かせる稀少成分の発見に成功しました。保水力や免疫力、肌の生まれ変わりのサイクルを整える力など、真珠に宿るさまざまな力を詰め込んだコスメが、女性の美をサポートします。

目もとに色気と気品を与える上質アイカラー

640_480_mikimoto_eye.jpg

目もとに気品を与えるアイカラーパレットは全4種。写真の「フレッシュピンク」は、目もとにほのかな色気を添えて、女性の魅力を引き出す一品です。淡いピンクのグラデーションがまぶたを柔らかく染め、うるんだような瞳を演出します。さらに、気品漂うバイオレットを目のキワに忍ばせれば、穏やかさのなかに凛とした強さも。上質なパール感が、大人の目もとに繊細な輝きを与えます。

口もとをリュクスに彩る洗練リップ

480_640_mikimoto_lip.jpg

上品な発色とふっくらとしたツヤ感が魅力のリップスティックは全8色ヒアルロン酸配合でうるおいに満ちた唇へと導きます。写真はやや深みのある「クレバーピンク」。大人の唇にふさわしいカラーでインテリジェンスな雰囲気を醸し出し、美しく気品あふれる口もとへと導きます。

豪華3点セットをプレゼント!

480_640_mikimoto_02.jpg

今回は、ミキモト コスメティックスのポイントメイクアップシリーズ「PEARL PRECIOUS AURA point make up」を、セットでプレゼント。

用意したのは、アイカラーパレット・アイライナーペンシル・ボリュームマスカラ計3点の「目もとセット」と、エモリエント リップスティック・モイスチャーリップグロス・リップライナー計3点の「口もとセット」の2種類。

豪華3点が詰まったセットは、どちらも活躍すること間違いなし! 各1名様、計2名様にプレゼントします。※どちらのセットかはお選びいただけません。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    真珠の輝きを肌に。「ミキモト コスメティックス」のポイントメイクアップシリーズ

    FBからも最新情報をお届けします。