1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 走ることでピンクリボン活動を応援。ニューバランスのチャレンジ

走ることでピンクリボン活動を応援。ニューバランスのチャレンジ

走ることでピンクリボン活動を応援。ニューバランスのチャレンジ

40代になって、仕事もプライベートも、自分らしくいられる余裕が生まれました。そうなると、次のワンアクションを起こしたくなります。そこで選んだのが、ランニングしながら社会貢献活動ができる「NB Pink Ribbon Running Challenge 2017」です。

アスレチックブランドならではのチャレンジ

「NB Pink Ribbon Running Challenge 2017」は、ニューバランスが乳がん啓発活動を目的に、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療を伝える「ピンクリボン」でのイベント協賛や、ピンクリボン対象商品の売上の一部を乳がんの啓発活動に寄付する活動です。アメリカでは1991年から、日本では2005年から始まりました。

2016年は社内で活動を実施。スタッフ一同が10月の1か月間にランニングをした総走行距離×100円を、NPO法人「Run for the Cure Foundation」(RFTC:乳がん早期発見啓発活動推進協議会)へ寄付。社員の約半数、133名が参加、月間総走行距離は5718.6kmとなり、ピンクリボン対象商品の売上を合わせ、寄付金額の合計は約530万円に及んだそうです。

2017年は誰でも参加できるように

2017年の「NB Pink Ribbon Running Challenge」は、これに賛同する人々も活動できるよう、さらにスケールアップして登場。

世界のアスリートと繋がれるアプリ「STRAVA」内に設置された「NB Pink Ribbon Running Challenge 2017」にエントリーすると、10月の1か月間に走ったランニング総走行距離×10円が、ニューバランス ジャパンから「Run for the Cure Foundation」へ寄付されます。

自分ひとりの走行距離だけならくじけそうですが、参加者全員の思いがひとつになって寄付金となるのであれば、頑張れそうです。

自宅近くで走るときは走行場所を非表示に

走行距離をアプリで記録するとなると、生活範囲や自宅の位置が意図せず公開されてしまわないのか、プライバシーやセキュリティはどうなのか不安になります。

「STRAVA」アプリでは、走行の開始、終了地点が自宅等の近くの場合、半径500m~1㎞以内を他のユーザーに非表示にすることができます。念のため、プライバシー設定をすれば安心ですね。

乳がんは日本でも増加傾向であり、30歳から64歳の働き盛りの女性のがんによる死因のトップ。もはや他人事ではありません。今回の活動に参加することで、乳がんについてより身近に考え、自分ごととして捉えられる点も、動き出す後押しになりそうです。

171004_nb_1.jpg

NB Pink Ribbon Running Challenge 2017

期間:2017年10/1~31参加方法:1. STRAVAアプリをダウンロードしアカウントを作成2. STRAVA内にあるクラブ「NB Pink Ribbon Running Challenge 2017」に参加3. クラブに登録したら、10月の1か月間のランニング時にアプリを起動4. 10月の1か月終了後にクラブ参加者の総走行距離がカウントされ、1㎞10円でニューバランス ジャパンからRFTCへ寄付

ニューバランスジャパン ピンクリボン活動

力武亜矢

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    走ることでピンクリボン活動を応援。ニューバランスのチャレンジ

    FBからも最新情報をお届けします。