1. Home
  2. キャリア
  3. 柔らかいものが一番強い。メンタルを鍛える老子の名言

柔らかいものが一番強い。メンタルを鍛える老子の名言

ビジネス格言

1,333

柔らかいものが一番強い。メンタルを鍛える老子の名言

天下に水より柔弱(じゅうじゃく)なるは莫(な)し。

而(しか)も堅強(けんきょう)なる者を攻むるに、之(これ)に能(よ)く勝つこと莫し。

其の以(も)って之を易(か)うる無ければなり。

(世界の中で水ほど柔弱なものはない。それでいて強くて固いものを攻めると、何ものも水に勝つことはできない。そのしなやかな性格を誰も変えることはできないからである)

「老子」第78章

孫子と並んで中国古典の代表格とされている、「老子」。今から2000年以上前の春秋戦国時代に誕生し、幸せに生きるためのヒントを教えてくれる書物として世界中で読み継がれてきました。

孫子はビジネスなど目の前の戦いに勝つための戦術を伝えているのに対し、老子は仕事を含む人生全般をいかに幸せに生きるかという知恵を与えてくれます。

今回ご紹介するのは、仕事・プライベート問わず人間関係全般に活用できそうな老子の教えです。

老子では、水や可愛らしい赤ちゃんなどの「柔らかいもの」こそもっとも「強い」と考えています。「柔よく剛を制す」ということわざもありますが、力任せで無理やり人に言うことを聞かせようとするよりも、優しさや魅力で動かす方がはるかに有効だということです。

湯浅邦弘『入門 老荘思想』(筑摩書房)

photo by Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    柔らかいものが一番強い。メンタルを鍛える老子の名言

    FBからも最新情報をお届けします。