「成功するための方法」などと銘打った本は巷に数多く出回っていますが、一流の人たちが現場でリアルに実践している教えというのはなかなか知る機会がありません。

そんな中、アップルの元社員のHuxley Dunsany(ハクスレー・ダンサニィ)さんがRedditに投稿したある画像が話題です。

When I was hired by Apple in 2004, these "rules for success" were attached to the back of my employee badge. Words to live by.

それは、アップルの社員証の裏に書かれている「成功のルール」。ダンサニィさんが2004年にアップルに就職した時のものです。本来はアップル社員のみしか見ることができない貴重な情報が、彼の投稿によって明らかになりました。

「Business Insider Japan」の記事からご紹介します。

アップルらしいものもあれば、意外なものもある「11の成功ルール」

アップルというと、既存のルールにとらわれず、革新的で、とにかく時代の最先端を行っているスタイリッシュなイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

しかし、その社員証に書かれた成功のルールの中には「アップルらしい」ものもあれば、意外と古風なものも。

1. 古いものは手放し、未来を最大限に生かせ。
2. 常に真実を語れ。悪い知らせほど早い方が良い。
3. 最高の誠実さが求められる。疑問があれば、聞くこと。
4. 良いセールスパーソンではなく、良いビジネスパーソンになることを学べ。
5. 床は全員で拭く。
6. スタイル、スピーチ、顧客をよく見ることにおいてプロであれ。
7. カスタマーの言葉を聞け。そうすれば概ね理解してくれる。
8. パートナーとWin-Winの関係を作れ。
9. お互いに気を配ろう。情報を共有することは良いことだ。
10. 難しく考えすぎない。
11. 楽しむこと。でなければ価値がない。

Business Insider Japan」より引用

1~3、そして9~11などからは、風通しがよく柔軟でスタイリッシュな社風が伺えます。多くの人が抱いているアップルのイメージ通りという印象。

アップルはなぜ床の拭き掃除を重視するのか?

一番意外なのは、5の雑巾がけです。日本でも、「掃除こそ全ての基本」という考えから掃除を奨励している企業が昔からありますが、まさかアップルもそうだったとは!

投稿者のダンサニィさんの一番のお気に入りはこの雑巾がけだったそうです。

「誰も手伝う必要がないほど"低レベル"で、取るに足りない仕事などないという意味。つまり、アップルで仕事したり、出世したり、いくら稼いでいようと調子に乗ってはいけない。基本がとても大事。あなたがどれだけ昇進しようと、どれだけ偉くなったと思っていようと、あなたの手助けは常に求められている」

Business Insider Japan」より引用

「掃除が全ての基本」は、やはり世界に通用する成功法則だったようです。

ちなみに、このルールを作ったのは当時米州諸国およびアジア太平洋担当副社長だったジョン・ブランドン(John Brandon)氏

ダンサニィさんによると、高い地位にいるのに偉ぶらず、人を惹きつける魅力のある人だったようです。

「彼はとても高いポジションにありながら、新人の私にとっても素晴らしい人だった。彼は本当にこのルールに従って生きているように思えた。アップルはまだ"追い詰められた"状況から抜け出そうとしていた時だったが、それでも組織全体が何か特別なもののように思えた」

Business Insider Japan」より引用

「人は魅力でしか縛れない」と言われていますが、上から力で抑えつけて「こうしろ!」と強制するのではなく、人間的魅力で人を動かすリーダーはやっぱり強いですね。

Business Insider Japan

photo by Gettyimages