1. Home
  2. キャリア
  3. 資格コンサルタントに聞いた「新しい分野を効率よく学ぶ」4つのポイント

資格コンサルタントに聞いた「新しい分野を効率よく学ぶ」4つのポイント

資格コンサルタントに聞いた「新しい分野を効率よく学ぶ」4つのポイント

新しい分野のことを学びたいと思っても、毎日仕事で忙しいとなかなか学習が進まないものです。そのうち勉強することすら忘れてしまって、結局3日坊主になってしまったという苦い経験のある方は多いでしょう。

また、ビジネスのために学習をするという場合、じっくりと習熟するというより、できる限り少ない時間と労力で必要なことだけをざっとマスターしたいという人もいることでしょう。そこで、資格勉強コンサルタントの鈴木秀明さんに効率良く勉強するためのポイントを伺いました。

1. 最終的にどのレベルに達したいのか、ゴールを決める

鈴木さんによると、無駄な労力を消費するのを避けるためにも、「学ぶ目的」を最初によく考えることが大切だそうです。

「たとえば、英語を学ぶのであれば、ライトな英会話ができればよいのか、それともビジネスレベルの翻訳スキルを身に付けたいのか。前者であれば厳密な文法の勉強は、後者であれば英会話の発音を磨く練習は優先順位が低いといえるでしょう。何も考えないままやみくもに手をつけると勉強量が無駄に増えてしまいがちですが、最終的に何ができるようになりたいのか、どこを到達点にするのかをじっくり考えて、真にやるべきことを適切に取捨選択すれば、最小限の労力で目的を達成できるでしょう」

2. 問題集をかしこく活用

学びたい分野の資格があれば、その問題集を活用するというのもひとつの方法だそうです。たとえば経済を勉強したいなら「経済学検定(ERE)」や「日経TEST」、統計を学びたいなら「ビジネス統計スペシャリスト」などの問題集が活用できます。

専門書をダラダラ読んでいても、なかなか内容が頭に入ってこないことってありますよね。問題形式で出てくると読んでいて刺激がありますし、知識として定着しやすくなるでしょう。間違って覚えているところや、いまいち理解できていないポイントが『問題として問われる』ことで明確になります」

3. 分からないところがあっても、まずは全体に目を通す

意気ごんで学び始めたのはよいものの、なかなか内容を理解できずに自信を失って挫折してしまった、という方もいるのではないでしょうか。鈴木さんによると、読み進める手順にもコツがあるようです。

「私もさまざまなジャンルの資格試験をたくさん受けてきましたが、新しい分野をゼロから勉強するのは大変です。分からないところや苦手なところが出てくると止まってしまいがちですが、そういうところはいったん飛ばすのが正解。本に出てくる内容を頭からすべて理解しようとしてしまうと、必要以上に時間だけを浪費してしまうことに。まずはザックリ全体をつかむこと。全体が見えてから再び戻ってくると、最初は分からなかったことも理解できるようになったりします。また、『時間をかけて理解しようとしたところ』が実はそこまで重要なポイントでもなかった、ということに気付くこともあります。新しい分野のことを素早く吸収できる人って、そういうことを割り切って判断できる人だと思います」

4. 一回で覚えようとしない。短期間で何度も繰り返す

じっくり時間をかけて一回で頭に入れようとするよりも、短期間のうちに何度も繰り返す方が新しいことを効率よく覚えられるそうです。

「じっくり時間をかけてテキストを一通り読み終わって、内容を復習してみようともう一度頭から読み返してみると、最初のほうの内容をほとんど忘れてしまっていてモチベーションがガタ落ちしてしまうことがありますよね。じっくり一回だけやるより、多少精度は落ちても何度も繰り返すほうが効果的です。脳は、短期間のうちに何度も触れる情報は重要な覚えるべき情報だと認識してくれます。自分ではサラッと読んだつもりでも、意外と無意識に記憶に残っているもの。短期間で軽く何度も繰り返す方が、効率よく覚えることができるでしょう」

そして、暗記したいことがある場合にはできる限りシンプルな形にアレンジするのもポイント。

「暗記したいことがある場合には、漢字・カタカナ・数字に注目。複雑な長い文章を丸ごと覚えようとしないで、極力シンプルに。たとえば、法律の条文はあの難解な文章をそのまま覚える必要はなくて、言葉をそぎ落としていくと、3つぐらいの重要なキーワード(だいたい漢字)に絞れるので、そこだけ覚えます」

新しく学びたいことがある方は、さっそく上記のポイントを参考にスタートしてみてはいかがでしょうか。

20171025_consultant_01.jpg鈴木秀明(すずき・ひであき)さん/資格勉強コンサルタント

1981年8月4日富山県生まれ。総合情報サイトAll About 「資格」ガイド。年間80個ペースで資格・検定試験を受け続ける資格マニア。2017年10月時点で520個以上の資格をすべて独学で取得している。 雑誌・テレビ・ラジオなどのメディア出演実績は200件超。『効率よく短期集中で覚えられる 7日間勉強法』(ダイヤモンド社)など著書多数。

photo by Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    資格コンサルタントに聞いた「新しい分野を効率よく学ぶ」4つのポイント

    FBからも最新情報をお届けします。