1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 他人の個人情報で「いいね!」を稼ぐインスタ狂 #今週の般若

他人の個人情報で「いいね!」を稼ぐインスタ狂 #今週の般若

怒り

他人の個人情報で「いいね!」を稼ぐインスタ狂 #今週の般若

10月のcafeglobeの特集は「怒り」。ということで、読者の皆さまから、怒ってんのよ、わたし! というエピソードをお寄せいただきました。怒りを鎮めてスカッとできるように、毎週木曜午後6時、ラジオ番組風にDJユウコがお届けします。

* * *

anger_radio_okame.jpgユウコ「みなさま、こんばんは。時刻は午後6時を回りました。『ぶちまけるわよ! 爽快・怒りのリクエスト』、今週もcafeglobe編集部のユウコがお送りしてまいります。10月限定のこの番組では、読者の方の怒りを電話でぶちまけてもらいつつ、気分に合った音楽をリクエストしていただくという企画です。

......そう、つい怒っちゃうことってありますよね。わたしもね、冷静でいなきゃって、思ってるんです。なのにね、ささいなことで怒っちゃったりするんですよ。レストランでオーダーしたものが出てこないとかね。小さなことにイラつく自分にまた腹が立ったりして。

でも夏に聞いたニュースで、『怒りや憎しみみたいな否定的な感情であっても、望むままの感情を感じられるほうが、幸福度が高い』っていう研究が発表されたと知って、無理に怒りを抑える必要はないんだって思いましたね。ですから、みなさん、怒るときは怒りましょう。そのお怒り、わたくしが受け止めます! さて、今週はどんなお怒りでしょうか、そろそろ電話にまいりましょう。こんばんは!」(電話つながる)

anger_radio_hannya.jpgマナミ「こんばんはー」


anger_radio_okame.jpgユウコ「こんばんは。お名前は?」


20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「マナミと申します」


20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「マナミさん、おいくつですか?」


20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「生まれも育ちも田園調布の、41歳です」


20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「あら、優雅ですね。波風の立つ生活とは無縁そうですけれど、今日はどんなことにお怒りなんですか?」

20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「友人に怒っています」


20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「お友達のどんなところに?」


20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「友人の......Aとしますね。Aとは長い付き合いで、彼女に会うときはわたしの娘も一緒に連れて行っているんです」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「あら、ということはお子さんが巻き込まれちゃったのかしら」


20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「ある時、そのAのInstagramに、わたしの娘がひとりで写っている写真や動画がアップされていたと、友人Bから聞いたんです」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「友人の子どもをSNSに......? マナミさんのお嬢さんがすごく可愛いからなんでしょうけど、ひと言、確認とってほしかったわよね」

20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「はい。しかも「#さすが」「#田園調布育ち」「#わずか4歳にして」「#お嬢」とかって、個人情報だだ漏れハッシュタグがいっぱい付いていたんです」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「出たー、細切れハッシュタグ! ハッシュタグってそもそもが検索用キーワードじゃない。後々、誰がそのワードで検索するのかって、疑問に思ってたのよね......って、問題はそこじゃなかったわ。ごめんなさいね、違うところに食いついちゃって」

20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「大丈夫です(笑)。わたしはSNSを一切やりませんし、仮にやっていたとしても、子どもの顔がわかるような写真は出さないと思います」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「このご時世、何が起こるかわかりませんものね」


20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「しかも、それで『いいね!』がいっぱい獲得できたならともかく、わずか3いいね!。なんだか複雑な気持ちになってしまって」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「お嬢さんが『いいね!』獲得策の道具にされた結果、失敗。どうせならもっと写真を生かして欲しかったわよね」

20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「そうなんです。だから、これは黙っていられないと思って、『どういうこと?』って、Aに連絡をとりました」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「そうしたら?」


20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「『一応、友達にしか見えないように設定してるんだけど?』と」


20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「なんと、まさかの質問返し! 喧嘩売ってんの? って聞きたくなるわ」


20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「はい。制限かけてるその友達って一体誰よ? わたしが知っている人で、なおかつわたしが『その人ならOK』と思ってる人たちなんですか!? と思って、怒りが倍増しちゃいました」

20171012_anger_radio_hannya.jpgユウコ「倍増程度でよく踏みとどまったわ。わたしなら無言でアカウント報告して、ユーザーもろとも消しにかかるわよ

20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「ユウコさん怖いですね、顔が般若になってます。ラジオなのになぜか見えます。とりあえずAには理解してもらえて事なきを得たんですけど、なんだか難しい時代になったなあと改めて感じました。価値観はそれぞれ違うわけですから」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「失礼、顔を戻します。マナミさん、なんだか大人だわ。わたしだったらもっと怒っちゃうけど。でもまあ、怒りを乗り越えたってことなのかしらね。さて、そろそろリクエストに行ってみましょうか」

20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「あ、じゃあ結構古いんですけど、Coccoの『カウントダウン』をお願いできますか?」

20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「『血迷った過ちに 気づいて泣き叫ぶがいい』って歌詞じゃない。不倫の歌だけど、やだ、マナミさん、落ち着いているようでまだ血腥く怒っているのね!? いいわ、かけるわ、かけまくるわ。楽しみにしててくださいね」

20171012_anger_radio_hannya.jpgマナミ「はい、ありがとうございます〜」


20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「はーい、マナミさん、ありがとうございましたー!」(電話切れる)


20171012_anger_radio_okame.jpgユウコ「『ああ無情 長年の 友情壊す ソーシャルメディア(字余り)』。さて、心の俳句が決まったところで......決まったのかな(笑)、リクエストの曲にいきながら、このあたりでお別れしたいと思います。FM012/AM345『ぶちまけるわよ! 爽快・怒りのリクエスト』、来週またお会いしましょう。では」

文/Ayako.T、企画・構成/寺田佳織(カフェグローブ編集部)、photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    他人の個人情報で「いいね!」を稼ぐインスタ狂 #今週の般若

    FBからも最新情報をお届けします。