1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

ビジネス格言

仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

自尊心がなければ、真の幸福はまず不可能である。そして、自分の仕事を恥じているような人間は、自尊心を持つことは到底できない。

バートランド・ラッセル「幸福論」

イギリスの哲学者バートランド・ラッセル(1872年~1970年)の「幸福論」は、幸福な人生について様々な角度から考えている本です。「第二部幸福をもたらすもの 第14章仕事」からは、現代にも通じる仕事に関する格言をご紹介します。

一般的に、肩書き・職業で人を判断してはいけないとよく言われています。もちろんその通りなのですが、それでもやはり職業がその人のアイデンティティに及ぼす影響はとても大きいものです。

色々な人と話していると、職業や役職を明かされていなくても、なんとなくわかることがあります。

長年特定の職業や役職に就いていると、その職業らしい考え方や性格が自然と身についてくるものです。「仕事が人をつくる」とよく言われますが、その仕事を遂行するために後天的に身につけた考え方や性格は、いつしかその人を構成するかけがえのない要素となります。

自分の仕事に誇りを持つということは、自分自身に誇りを持つこと。自分の仕事に誇りを持って生きるというのは、この上なく幸せなことではないでしょうか。

『ラッセル幸福論』安藤貞雄訳(岩波文庫)

photo by Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    3. 犬「なんて登り降りしやすいんだ! 」

    4. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    5. アイス好きとお酒好きに捧ぐ。夢の食べもの「アイスバーカクテル」

    6. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    7. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. わたしは何をがんばればいいの? 大人美肌の育て方

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. もしも部下が発達障害だったら?

    2. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    3. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    4. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    5. 犬「なんて登り降りしやすいんだ! 」

    6. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    7. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    8. おしゃべりな人ほど若く見えるのには、ちゃんとした理由があった。

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    7. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    8. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    9. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

    FBからも最新情報をお届けします。