1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

ビジネス格言

仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

自尊心がなければ、真の幸福はまず不可能である。そして、自分の仕事を恥じているような人間は、自尊心を持つことは到底できない。

バートランド・ラッセル「幸福論」

イギリスの哲学者バートランド・ラッセル(1872年~1970年)の「幸福論」は、幸福な人生について様々な角度から考えている本です。「第二部幸福をもたらすもの 第14章仕事」からは、現代にも通じる仕事に関する格言をご紹介します。

一般的に、肩書き・職業で人を判断してはいけないとよく言われています。もちろんその通りなのですが、それでもやはり職業がその人のアイデンティティに及ぼす影響はとても大きいものです。

色々な人と話していると、職業や役職を明かされていなくても、なんとなくわかることがあります。

長年特定の職業や役職に就いていると、その職業らしい考え方や性格が自然と身についてくるものです。「仕事が人をつくる」とよく言われますが、その仕事を遂行するために後天的に身につけた考え方や性格は、いつしかその人を構成するかけがえのない要素となります。

自分の仕事に誇りを持つということは、自分自身に誇りを持つこと。自分の仕事に誇りを持って生きるというのは、この上なく幸せなことではないでしょうか。

『ラッセル幸福論』安藤貞雄訳(岩波文庫)

photo by Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    7. 怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. 不安に負けない。indaHash CEOのマインドタフネス [MASHING UP]

    10. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    8. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    仕事の誇りは自分の誇り。ラッセル『幸福論』を読む

    FBからも最新情報をお届けします。