1. Home
  2. キャリア
  3. ピンチの時こそ「正しいことを正しく」やれば道が開ける

ピンチの時こそ「正しいことを正しく」やれば道が開ける

ビジネス格言

1,259

ピンチの時こそ「正しいことを正しく」やれば道が開ける

正しいことを正しくなんですよ。正しいけれども......って言っちゃいけない。正しいけれどもこれをやったら会社の経営が悪くなるとか、損が出るとか、そんなことを考えている暇はないと。正しいことは、正しくやっておくんだと。それが必ず将来戻ってくると。自分の考えでやってうまくいかなかったらしょうがないよね。

カルビー株式会社会長兼CEO松本晃

ダイバーシティや残業、リモートワークなど時代の先端を行く発言と取り組みで脚光を浴びているカルビー株式会社の松本社長。

10月2日にNHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」では、どんな結果が待ち受けていようと時には腹を括って「正しいこと」をやらなければいけないことがあると発言しています。

ビジネス格言第1回「世界最強の投資家ウォーレン・バフェットに学ぶ仕事の本質」では、バフェットも「誠実さこそ一番大切だ」と言っています。

短期的な収益にばかり目を向けて「正しくないこと」をしてしまうと、その場はしのげても長期的には致命的ダメージになるかもしれません。一度失った信用は取り戻すことはできないし、信用をお金で買うことはできないからです。

[プロフェッショナル仕事の流儀]

photo by Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    ピンチの時こそ「正しいことを正しく」やれば道が開ける

    FBからも最新情報をお届けします。