1. Home
  2. キャリア
  3. ダイバーシティは特別じゃない。代わりに使いたい言葉は......

ダイバーシティは特別じゃない。代わりに使いたい言葉は......

ビジネス格言

ダイバーシティは特別じゃない。代わりに使いたい言葉は......

"I really hate the word 'diversity.' It suggests something...other. As if it is something special, or rare. Diversity! As if there is something unusual about telling stories involving women and people of color and LGBTQ characters on TV. I have a different word: normalizing. I'm normalizing TV. I am making TV look like the world looks. Women, people of color, LGBTQ people equal way more than 50 percent of the population. Which means it ain't out of the ordinary."

私はダイバーシティという言葉が本当に嫌です。何か別の、違うものを連想させる言葉だと思います。何か特別だったり、珍しいものであるかのような。

ダイバーシティ! テレビで女性や有色人種、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)のキャラクターにまつわる物語を放送するのが、何か異常なことであるかのような表現です。

そうではなくて、私はテレビをノーマライズしているんです。世界の現状を反映したテレビ番組を作っているんですよ。

女性、有色人種、LGBTQの人びとは世界人口の50%以上に相当しています。つまりこれは、彼らが規格外でないことを意味しています。

ションダ・ライムズ

『グレイズアナトミー』『スキャンダル』など大ヒットドラマを手がけてきた人気クリエイター、ションダ・ライムズが米人権団体ヒューマン・ライツ・キャンペーン(HRC)のイベントで行ったスピーチから。

ドラマ業界ではかなりの大物で、その発言や動向は常にニュースを賑わわせています。また、自身が黒人女性であることから、差別問題へ言及することも多いです。

ションダ・ライムズの手掛けるドラマの主人公は、強くて賢く優秀な女性たちです。それについても、架空のスーパーウーマンを妄想によって創りだしたわけではなく、あくまで実在している女性たちを参考にしているとさまざまなインタビューで述べています。

たしかに、ダイバーシティというと何か異質な、特別なものを受け入れなければならないという風に身構えてしまいがち。視点を変えて、ションダ・ライムズの言うように、普通の状態に戻すと考える方が正しいのかもしれませんね。

Enews

photo by Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    ダイバーシティは特別じゃない。代わりに使いたい言葉は......

    FBからも最新情報をお届けします。