1. Home
  2. コミュニケーション
  3. むしろ視線は外す方がうまくいく。上手なプレゼンテーションのコツ

むしろ視線は外す方がうまくいく。上手なプレゼンテーションのコツ

むしろ視線は外す方がうまくいく。上手なプレゼンテーションのコツ

「プレゼンテーションがうまくできない」「大勢の前で緊張してしゃべれない」という悩みを持つ人は多いようです。リサーチしてみると、じつに6割以上の人がプレゼンテーションに自信がないのだそう。

20171110_presantation_1.jpg

上手なプレゼンテーションのコツ

アラフォーともなれば、仕事の責任も増え、大勢の前でプレゼンテーションをする機会が多くなります。さらにはそのプレゼンテーションの出来が仕事の評価にもつながってくるケースも。そこで、すぐに使えるプレゼンテーションのコツを紹介します。

一般的に人になにかを伝えるときには「相手の目を見ながら話す」ことが重要だといわれます。プレゼンテーションをする際にもできるだけ聞き手に視線をあわせるように努力している人も多いでしょう。

けれども、プレゼンテーションが苦手、という6割の人は「大勢のから注目を浴びると、さらに話せなく・緊張してしまう」とも答えています。

考えてみれば大勢の聞き手の視線をひとりで浴びれば、仮に話すことにそこまでの苦手意識がなくても誰だってつい緊張してしまうもの。実際にプレゼンテーションに自信があると答えた人であっても、目が合うと緊張してしまうという回答は想像以上に多いのです。

では、そういう人はなぜプレゼンテーションに自信がある、と思えるのでしょう?

上手くいく秘訣は、視線の位置

これは、「プレゼンテーションをするときにどこに視線を向けているか、というアンケートの結果です(勝手にランキング調べ)。

20171110_presantation_3.jpg

プレゼンテーションに自信のある人の視線の位置ベスト5

1位 部屋の一番後ろの壁

2位 聞き手の目

3位 部屋全体を見渡しながら

4位 聞き手の眉間等、目より上の位置

5位 聞き手の首元等、目より下の位置

20171110_presantation_2.jpg

プレゼンテーションに自信のない人の視線の位置ベスト5

1位 聞き手の目

2位 部屋全体を見渡しながら

3位 聞き手の眉間等、目より上の位置

4位 部屋の一番後ろの壁

5位 聞き手の首元等、目より下の位置

驚くべきことに、プレゼンテーションに自信のある人は、聞き手と視線をあわせないようにしている、という結果になったのです。

いったいどういうことなのでしょう?

視線の位置を変えるだけでさらにプラスの効果も

私も昔は、プレゼンテーション中に聞き手と目が合うと、言葉をつまらせたり、次の説明が頭から飛んでいくタイプでした。しかし、部屋の一番後の壁、最後列に座る方の頭の位置あたりを見れば、聞き手の視線からもあまり外れず、悪い印象を与えないまま落ち着いて発表出来るようになりました。

勝手にランキング」より引用

という人もいるほど。

とはいえ、視線をあまり壁の上の方へ視線を向けると、「この人視線を外してるな......」と気づかれてしまう危険があるとのこと。悪い印象をあたえないためにも、最後尾の人の頭の位置あたりに視線を向けるようにするのがちょっとしたコツなのだそうです。

さらには、後ろの方を見ることで声もでるようになる、という、こんな回答も。

後ろの壁を見るいうことは、遠くに視線を向けることにもなるので、自然と顔があがり声も遠くまで飛ばすことができるのです。そのため、ハキハキとしたプレゼンテーションを行うことができ、自信のある発表にも聞こえ相手に好印象を与えます。

勝手にランキング」より引用

視線の位置を変えるだけでプレゼンテーションがうまくいくだけでなく、質まで上げられるのであれば......このコツ、試してみる価値は大いにありそうです。

勝手にランキング

photo by Shutterstock

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    むしろ視線は外す方がうまくいく。上手なプレゼンテーションのコツ

    FBからも最新情報をお届けします。