「愛情ホルモン」として注目を浴びているオキシトシン。なにが良いのか、どんな効果が期待できるのか? オキシトシンの働きについて知るための書籍をカフェグローブの記事からまとめました。

オキシトシンとストレスオフな職場の関係

20171105_book_top.jpg

社員が戻れる居場所がカギ。ストレスオフ組織のつくり方

家族、パートナー、友人などとの信頼関係やスキンシップによって分泌が増え、精神安定やストレス対策に役立つとされるオキシトシン。これを職場の環境づくりに活かせたら、社員にとって居心地の良いオフィスになりそうです。そんなアイディアの手引きとなる本が、恒吉明美さん著『ストレスオフ組織のつくり方』。 すぐに実践できる新しいストレスマネジメントの概念についてご紹介します。

スイーツ好きな日本人女性は愛情不足?

171105_love_diet_1.jpg

エリカ・アンギャルさんが教える、愛情ホルモンとダイエットの意外な関係

ミス・ユニバースジャパンの公式栄養コンサルタントとして8年間活躍し、「食」をとおして日本人女性がきれいになるための著作を送り出してきたエリカ・アンギャルさん。新著『ラブダイエット スイーツなしで体と心を満たす美の教科書』では、オキシトシンとダイエットの関係性を取りあげています。

ストレートな愛情表現が苦手な日本人のあり方のなかで、甘いスイーツを過剰に摂ってしまう人が多いのは、愛情不足を補おうとする無意識の衝動なのでは、と危惧したことが執筆のきっかけだそう。そこで着目したのが、「愛情ホルモン」オキシトシン。メンタル面だけでなく、食欲を抑えるという効果もあると言うのです。このオキシトシンの分泌を高めるのが、スキンシップという手段。5秒ハグするだけでも、ダイエットに良い影響があるそうです。

いじめを引きおこす脳のしくみとも関係が

20171117_book_1.jpg

脳科学者・中野信子さんが教える「大人のいじめ」回避のしかた

ここまでオキシトシンのポジティブな側面について見てきました。いっぽうで、脳科学者の中野信子さんは、著書『ヒトは「いじめ」をやめられない』のなかで、オキシトシンの特徴のひとつである「仲間を作る」ことが過剰になると、妬みやいじめを引きおこしてしまうと述べています。

こうした"本能"ともいうべき脳のしくみをコントロールし、負の感情に引きずられないためには、どうしたら良いのでしょうか。本著では、脳科学的視点からいじめを紐解くことで明らかになった、いじめを回避するための様々な方法を紹介しています。

私たちにさまざまな影響を与えているオキシトシン。さらなる研究が待たれます。

文/カフェグローブ編集部 photo by Getty Images