1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 保湿力抜群パウダーで、夕方まで崩れにくいメイク

保湿力抜群パウダーで、夕方まで崩れにくいメイク

保湿力抜群パウダーで、夕方まで崩れにくいメイク

乾燥する季節のベース作りは保湿をとにかく重視して、リキッドファンデーションをメインにしています。

ですが、このとき、2つの矛盾が。

1つは、せっかくリキッドタイプで肌にうるおいを与えたとしても、上からパウダーでおさえないと、ファンデーションの中の水分が蒸発して油分だけが肌に残り、時間の経過とともにくすみやすく、崩れやすくなってしまうのが1つ目の矛盾。そして、パウダーは乾燥しやすいアイテムゆえ、パウダーに保湿成分が入っているタイプを選ばねばならないというのが2つ目の矛盾です。

保湿させたらいいのやら、油分オフしたらいいのやら、やっぱり保湿成分入りを選んだらいいのやら......書いていても迷子になりそう。というわけで、あれこれ考えずに美しいベースへと導いてくれる製品をご紹介しましょう。「ドゥ・ラ・メール」の「ザ・シアー プレスト パウダー」です。

20171112_delamer_1.jpg
「ザ・シアー プレスト パウダー」全4色 12,000円(税別)。アプリケーターのスポンジ面を使うとシアーな仕上がりに、パフ面を使うとカバー力がアップしマットな仕上がりに。

海の力を取り入れた独自成分の保湿力

何が素晴らしいかというと、プレストパウダーでありながら保湿力が抜群。エイジング肌にぴったりのパウダーと言えます。

ポイントとなるのは、ブランドが誇る独自の保湿成分「ミラクル ブロス™」。原料である栄養豊富なシーケルプが肌にうるおいをもたらすほか、ヒアルロン酸やセラミド、グリセリンなどの保湿剤と皮脂を吸収してくれる成分がバランスよく配合されています。テカリをおさえ、みずみずしい肌をたもつようサポートすると同時に、パウダーが光をランダムに反射・分散させるためシワや毛穴は目立ちにくくなるのが特徴。

「ものすごく軽い!」と評判のドゥ・ラ・メールのルースパウダーの技術が応用されていて、つけ心地も快適そのもの。

化粧直しの時間が夕方まで取れない人にも

くずれにくさもお墨付きで、8時間のテカリ防止テストをクリア。

「わたしは、首も含めて全体をパウダーで仕上げます。そして1日に数回、Tゾーンにパウダーを重ね、自然なハイライトが輝くようにしています。上向きにアプリケーターを動かしたり、円を描くようにつけたり。たくさんつける必要はありません。タップダンサーではなく、バレリーナのように軽やかにつけましょう」(グローバルメイクアップ アンド スキンケア アーティスト アンバサダー、メアリー・フィリップ)

ランチタイムに化粧直しの時間がとれない忙しいビジネスウーマンに、とくにおすすめしたいアイテムです。

ドゥ・ラ・メール

電話:03-5251-3541(お客様相談室)

ドゥ・ラ・メール

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    保湿力抜群パウダーで、夕方まで崩れにくいメイク

    FBからも最新情報をお届けします。