1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 40代からのホルモンマネジメントをアンチエイジングのプロが伝授!

40代からのホルモンマネジメントをアンチエイジングのプロが伝授!

40代からのホルモンマネジメントをアンチエイジングのプロが伝授!

女性ホルモンは30歳を境に減っていくといわれています。仕方ないとあきらめればそれまでで、あとは老けこんでいく一方ですが、ホルモンを上手に管理できれば、今日より明日のほうが美しい、そんな未来も夢ではないそうです。

美しさは自分のホルモン量を知ることからはじまる

「40歳を越えたら、自分の女性ホルモンの分泌量を知っておくことをお勧めします」

そう語るのは、11月13日におこなわれたアンチエイジングネットワーク主催・アンチエイジングセミナーに登壇した、医療法人社団ウェルエイジング ウィメンズヘルスクリニック東京・院長の浜中聡子先生

「女性ホルモンは、女性らしいからだをつくる、大きな役割を担っています。心身ともに健康で美しく、充実した毎日をおくるためのバロメーターといっても過言ではないでしょう。ホルモンバランスは、日々の意識の小さな積み重ねで、整えることも崩すこともできます。ホルモンの重要性と自分のホルモン量を知って、セルフマネジメントすることが、これからの人生の豊かさに大きく関わると思います」

自分のホルモン分泌量を知っておくと、どんな意識をすれば自分にとってベターなヘルスケアになるのか分かるほか、肌や髪のエイジングが気になったときの原因や解決法が判断しやすくなります。

ホルモン量は、クリニックなどで測定することが可能です。検査費は自由診療区分となりますが、美容と健康の先行投資だと思えば、やっておく価値はおおいにありそうです。

女性はスプーン1杯の女性ホルモンに支えられて生きている

続けて女性ホルモンのはたらきについても、語られました。

171116_hormone_1.jpg

「女性ホルモンは、髪や肌、骨などに関係する卵胞ホルモンのエストロゲンと、母となるための体作りをする黄体ホルモンのプロゲステロンに大きく分かれます。分泌量はなんと、一生でわずかスプーン1杯分。でもこのスプーン1杯の女性ホルモンが、女性の一生を支えるのです」

一生でスプーン1杯分だと聞くと、増やす努力をすれば賄えそうな気がします。

「エストロゲンが減ると、疲れが取れにくくなったり、小じわが増えたり、頬のハリが失われたり、ひいては骨粗しょう症の原因にもなります。プロゲステロンが減ると、脂肪がつきやすく、セルライトやむくみも出やすくなります。これに成長ホルモンや免疫機能を司るDHEAの低下も加わり、徐々に老いを感じるようになります」

年齢平均よりも少し多めに女性ホルモンを持っておくと、それだけ若々しくいられるのだそうです。

ホルモンマネジメントは日々の小さな積み重ね

女性ホルモンのはたらきを知ったところで、続けてホルモンをマネジメントする方法を教わりました。

「まず、40歳を過ぎたら何かしら努力しないと体は老けていきますと先生。手はじめに、ホルモンを元気に活動させるための運動をするといいそうです。「ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動から始めて、慣れたら腹筋やスクワットなどの無酸素運動をプラスします」

運動が苦手な人は、ひと駅多く歩いたり、エレベーターを使わず階段を使うようにしたりなど、毎日の生活のなかで体を動かす意識をするだけでもいいそうです。

糖質制限する前に栄養バランスが良い食事を

あわせて食事も工夫します。

171116_hormone_2.jpg

「基本ですが、たんぱく質・ミネラル・ビタミン・脂質・炭水化物(糖質)の5大栄養素をバランスよく食べます。年齢が上がると食事量が減り、それとともにたんぱく質も摂らなくなるのですが、食事量が減ってもたんぱく質量は減らさないで欲しいです。減らすなら、炭水化物を減らしてください」

こういうと炭水化物が良くない印象になりますが、炭水化物が悪いのではなく、そればかり摂りすぎるのが良くない、と先生。まずは栄養をバランス良く摂って、余力で炭水化物を食べるようにするだけでも違ってくるそうです。

体の声に耳を傾けて

さらに、体温管理も大切だそう。

「36度以上は保って欲しいところです。冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎに注意して、お風呂にしっかり入り、適度に運動するだけでも、体温アップは期待出来ます」

寝る前に体を温めれば、睡眠も良質になりそうです。「入眠直後の90分〜120分に、もっとも成長ホルモンが分泌されるので、この時間にしっかり眠っておくことが大事です」

浜中先生のご経験によると、真面目で神経質、融通が効かないタイプの人のほうがホルモンの低下による諸症状を辛く感じやすいのだとか。心豊かに過ごすことも、ホルモンマネジメントに必要なようです。

体温も睡眠も心も食事も、すべて体づくりの基礎部分。ここを整えておくという基本を守ることが、いくつになっても変わらない美しさを保つポイントだということが分かりました。

いま私たちは、女性ホルモンと向きあい、上手につきあっていくことを意識しなければいけない年齢にきています。

ホルモンマネジメント。意識をした人から、美しさはさらに進化します。

アンチエイジングネットワーク

力武亜矢

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    40代からのホルモンマネジメントをアンチエイジングのプロが伝授!

    FBからも最新情報をお届けします。