1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 週1回の「ストリッピング・シャンプー」で40代髪のアンチエイジング

週1回の「ストリッピング・シャンプー」で40代髪のアンチエイジング

週1回の「ストリッピング・シャンプー」で40代髪のアンチエイジング

細くなった髪の毛や抜け毛が気になる40代。髪の毛のアンチエイジングにもおすすめなヘアケアが「ストリッピング・シャンプー」と呼ばれる頭皮のデトックスです。

週1回のケアで髪を健康に保つ

美容に感度の高い海外の女性たちの間で広まっているケアで、実践することで、日々蓄積する頭皮と毛穴の汚れをスッキリさせ、さらには髪本来のしなやかさや強さ、キューティクルを取り戻せるのだとか。

地肌に残るヘアケア製品や環境の汚れ(ほこり等)また皮脂よごれは、脱毛の原因になるだけでなく薄毛にもつながるといわれています。そして頭皮と毛穴をきちんと掃除(=ストリッピング)、元の健康な状態にもどしてくれるのに重要な役割を担うのがデトックスシャンプーです。

MYLOHAS」より引用

とのことで、週1回、専用のシャンプー、もしくはコンディショナーでていねいに髪と頭皮を洗うだけでよいのだそう。

MYLOHAS」によると、おすすめは「Redken(レッドケン)」や「Acure Organics(アキュア オーガニック)」といったブランドのクレンジングシャンプー。豊かな泡立ちや心地よい香りで、ストリッピング・シャンプーの時間を単なるヘアケアではなく癒しの時間にしてくれます。

日本でも、通販サイトなどでデトックス用シャンプーは購入できるので一度試してみてみたいですね。

MYLOHAS

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    週1回の「ストリッピング・シャンプー」で40代髪のアンチエイジング

    FBからも最新情報をお届けします。