締め切りを守れなかったり、以前伝えたことを忘れて何度も同じミスをしたり......。悪意はないのだろうけれど、要領が悪い人ってどこの職場にもいますよね? そんな「困ったちゃん」への対処法を「ライフハッカー[日本版]」が取り上げていました。

職場の「困ったちゃん」に使いたいセリフ集

ライフハッカー[日本版]」によると、困った社員にイラっときたときに使いたいのは下のようなセリフ

・「以前合意した通り...」
同僚がお互いに合意したことの詳細や次のステップを忘れてしまったときに。

・「まだ、仕事が締切に間に合うか確認したくて聞くんですが...」
締切が近づいてきたのに、同僚から現状報告がない場合に。

・「私が最後に送ったメールがあなたのインボックスで埋もれているかもしれないので、再送します」
メールに返信しない人に対する強めの催促。

・「この会議のアジェンダはありますか?」
不要だと思われる会議に招集されたときに。

ライフハッカー[日本版]」より引用

いきなり相手を追求するのではなく、あくまでトゲの立たないように疑問を投げてみるのがコツ。

ライフハッカー[日本版]」ではこれらを「控えめな攻撃」と呼んでいます。なるほど、こうすればやりとりを見ている周りの心象もよさそうです。

このほかにもセリフが紹介されていましたので、必要に応じて使ってみたいところです。本当は使わなくて済む同僚に恵まれるのが一番ですが......。

ライフハッカー[日本版]

photo by Shutterstock