1. Home
  2. ライフスタイル
  3. まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

いくつになっても瞳に光がある人は美しい。

とりわけ年齢を重ねると、瞳がその人の内面の美しさを物語ることがあります。でも加齢とともに、瞳の輝きを曇らせる原因のひとつとなるのが「まぶたの淀み」です。

目元の印象が変わってきたら「まぶたの淀み」かも

日々パソコンと睨めっこしているキャリア層を悩ませるのが、目の疲れ。毎晩しっかりアイケアをしている人でも、夕方になるとお疲れ目元になってしまうもの。

30代のころはくすみだけで済んでいたのに、40代になるとたるみも加わり影もできるからまぶた周辺に「淀み」が生まれてしまうのです。

オレンジシャドウの知られざる3つのポイント

20171116_lunasol_2_1.jpg

そんなまぶたの淀みに役立つのがオレンジのアイシャドウ。なぜ淀みにいいのか、オレンジが持つ3つの特性から紐解いてみましょう。

ひとつ目は「肌色に近い色」だから。肌色より少し濃いオレンジで血色感を与えることで、くすみを自然にカバーできます。

ふたつ目は「進出色」だから。進出色とは赤やオレンジなどの暖色系で、前に飛びだして見える色のこと。くぼんだ部分をふっくら見せてくれるので、下まぶたのたるみや上まぶたの窪みが気になる人はピンポイント塗りするのがおすすめ。

3つ目はオレンジが「青の補色」だから。たるみによって下まぶたに生まれるクマは青黒い影を生みますが、この影の部分にオレンジをふんわりのせると目元が明るくなるのです。

ルナソルの「オレンジ」が淀みを浄化

「LUNASOL(ルナソル)」から11月17日(金)に発売される「Candle Night Collection 浄化メイク2017 winter」は、キャンドルの光にインスパイアされたコレクション。

20171116_lunasol_2.jpg
ルナソル ウォームキャンドルアイズ ウォームコーラル、ピンクチャコール、アイボリーネイビーの3色 4,000円(税抜)

アイシャドウ「ルナソル ウォームキャンドルアイズ」は、キャンドルのように穏やかで温かなオレンジと、ルナソルらしい艶やかで上品なラメの2色パレッド。

「EX01 ウォームコーラル」のオレンジシャドウ(写真一番上、パレットの右側)をアイホールと下まぶたに薄く重ね、まぶたの淀みをカバー。さらにラメを重ねると輝くツヤが出現し、瞳に輝きとキャンドルのような温かさが宿ります。

顔全体にさっとチークをのせて、くすみを払う

20171116_lunasol_3.jpg
ルナソル オイルリップバーム ピンク、レッド、ボルドーの3色 3,000円(税抜)

「ルナソル オイルリップバーム」は、透けるような発色でうるうるの唇に仕上げてくれるリップ。唇の状態によって発色が変わる上に、時間が経つにつれてあざやかに色づいていく一本です。

20171116_lunasol_4.jpg
ルナソル カラーリングソフトチークス ベージュレッド、ローズピンクの2種 2,500円、ルナソル チークカラーコンパクト 1,500円、ルナソル フェース用ブラシ 1,000円(すべて税抜)

さらに「ルナソル カラーリングソフトチークス」は、鉄板の人気カラーが入った「01 ベージュレッド」がおすすめ。自然な血色感と立体感ある顔に仕上げてくれます。ヘアメイクさんいわく、くすみが気になったら顔全体にさっとチークをのせるのもおすすめだそう。

キャンドルナイトコレクションはこの他にも、アイライナー、やネイルまでこの冬のためのアイテムが勢ぞろい。この冬はオレンジの力をかりてみて。

ルナソル

文/諫山由梨子 photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    まぶたの淀みや顔のくすみは「オレンジ色で払う」が正解

    FBからも最新情報をお届けします。