1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【ビジネス手土産 #34】差し入れなら焼き立てを。上野凮月堂の本店限定ゴーフレーシュ

【ビジネス手土産 #34】差し入れなら焼き立てを。上野凮月堂の本店限定ゴーフレーシュ

ビジネス手土産

【ビジネス手土産 #34】差し入れなら焼き立てを。上野凮月堂の本店限定ゴーフレーシュ

「この季節だからこれ」「こんなシチュエーションにはこれ」というご紹介のしかたが多いこの連載ですが、今回は、つい先日わたしの脳内手土産リストに加わった、最新ネタをご紹介したいと思います。

手土産を選ぶ際、季節以外のポイントといえば、歴史ある老舗の安定感や重厚感、そして"NEW"な要素(=新鮮さや話題性)。今回ご紹介するのは、その両方を兼ね備えたもの。「上野凮月堂」の看板菓子「ゴーフル」が進化した、「ゴーフレーシュ」という名のお菓子です。

「上野風月堂」本店がリニューアル。"できたて"メニューの販売をスタート

1747年、小倉喜右衛門(のちに大住喜右衛門へと改姓)が江戸へ下った後に開いた「大坂屋」を起源とし、「凮月堂」を屋号としている洋菓子店は複数ありますが、創業家が継ぐ「凮月堂」は上野に本店を構える「上野凮月堂」のみ。なんと今年で創業270年。

大学時代、上野駅乗り換えだったわたし。「上野凮月堂」本店ビルのある交差点は、とても馴染みのある景色でした。2017年7月中旬、新装オープンンのため一時閉店。そのクロージングイベントにお招きいただいたときは、新しく生まれ変わることへの期待より、正直、さみしい気持ちの方が勝っており、パーラーの窓際で街を見下ろしながら復刻メニューをいただき、思わずホロリ。

それから4か月。2017年11月15日のリニューアルオープンに先立って開催された内覧会へもお招きいただき、いざ、生まれ変わった本店のなかへ。足を踏みいれた瞬間、それまでなんとなく引きずっていたさみしさが吹き飛びました。

入ったとたん目に飛び込んできたのは、控えめなエントランスからは想像できないほど広いオープンキッチン! クリアなフェンス越しに、せっせとプレスして焼かれているお菓子が目に入りました。

歴史ある看板菓子が進化。本店限定、焼きたてです

それがこちら。看板商品「ゴーフル」の"はさみ焼き"技法を用いて1枚ずつ焼き上げる、本店限定の新商品「ゴーフレーシュ」。長きにわたり愛されてきた「ゴーフル」と、フランス語で"新鮮であること"を意味する「フレーシュ」という言葉を掛け合わせて名づけられたのだとか。

171121_gift_1.jpg

サクサクした軽い歯ざわりが特徴の「ゴーフル」に対し、「ゴーフレーシュ」は、しっとりもちもち。中に挟まれたクリームは、食感や口どけを楽しめるほど存在感があります。手を汚さず食べられてボロボロこぼれたりもしないし、これは現場への差し入れに重宝しそう......!

そもそも、これまで日本で親しまれてきたサクサクの「ゴーフル」は、「凮月堂」一門により日本で開発されたもの。どちらかというと、この「ゴーフレーシュ」は、フランス北部の伝統菓子である本来のゴーフルに近い感じ。新しくもあり、原点へ立ち返った感覚もあり、内覧会での挨拶で現代表取締役社長の大住佑介氏が「賞味期限を気にせずおいしいお菓子をつくった」と話していたように、まっすぐに「つくりたかったものをつくった」ということを感じます。

171121_gift_top.jpg
シュガーバター、キャラメルの2種に加え、季節限定フレーバー(現在はマロン)も。定番2種は各280円、季節限定フレーバーは300円(税込)

中に挟まれるクリームは、「シュガーバター」「キャラメル」の定番2種に加えて、季節の味(現在は「マロン」)も。どれもおいしいのですが、食べてみていちばん心を、いや、舌をつかまれたのは「キャラメル」! ねっとりと歯に絡みつく感じかと思いきや、口どけの早いこと早いこと。舌に感じる艶やかさ、甘さは控えめなのにしっかりと感じるキャラメルの風味......バターの塩気が絶妙なバランスで利いていて、わたし、すっかり虜になりました。

「東京カステラ」にも焼きたてバージョンが登場

そして、もうひとつ。「ゴーフル」と並ぶ看板商品「東京カステラ」を進化させたのが「焼きたて東京カステラ」。こちらは食べきりサイズのキューブ型に。小さくなったといっても、「東京カステラ」の特徴である6面焼きはそのまま。なんと新たにミニサイズの銅釜をつくり、ひとつひとつ、店内で焼きあげているのです。

171121_gift_3.jpg
「焼きたて東京カステラ」300円(税込)

テイクアウト用のボックスには、「東京カステラ」の缶と同じ模様が施され、ただ新しくしただけではなく歴史を大切にしていることが感じられます。

171121_gift_4.jpg

中は2段になっていて、開いたときのビジュアルもキュート!

171121_gift_6.jpg

もちろん、缶入りの「東京カステラ」も、変わらずちゃんとあるのでご安心を。6面焼きのカステラがぴったり収まるレトロで可愛い缶も含め、ほかには代わりのない手土産ですよね。

171121_gift_7.jpg 「東京カステラ」小(1,800円)、大(2,800円)の2サイズ(どちらも税別) 。

そうそう。包装紙も変わっていませんでした。美しくて大好きだったので、これにもひと安心。

171121_gift_5.jpg

東京の新たなランドマークに

店内には新たにイートインスペースも設けられ、なんと注文を受けてから豆を挽くハンドドリップコーヒーの提供も。手土産を買いに行き、丁寧にドリップされたコーヒーと焼きたての「ゴーフレーシュ」や「焼きたて東京カステラ」で小腹を満たしてからお店を出る。最高じゃないですか。

商業施設ができたり、パンダの赤ちゃんが生まれたり。いまニュースが絶えない街・上野で「新たなランドマークになりたい」と大住社長。続けて「上野を訪れる理由になれたら」とも。その本気、しかと受け止めました。わたし、上野に行く回数、増えそうです。

上野風月堂(本店)

住所:東京都台東区上野1-20-10電話:03-3831-3106営業時間:10:30〜19:30ホームページ

撮影/さくらいしょうこ

醍醐由貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. Netflix元人事責任者がするフィードバックの納得感がすごい

    2. たった一冊の本が、あなたの問題解決の糸口になる

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. お金を貯める方法。定期預金? それとも投資? #ホンネ調査

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 30歳をこえて活躍するモデルたちが習慣化したこと6つ/AVIの「工夫美容」#06

    7. オトクに使ってる? 電子マネーのメリットおさらい

    8. 幸せを体現する香り。ディオールから新フレグランス誕生

    9. 部下を生かし、幸せにするコミュニケーション/山田ズーニーさん[伝わる言葉の方程式 #2]

    10. バテちゃった? 「長生きみそ汁」で夏を乗りきろう

    1. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. お年寄りが、苦労の多い時期を「幸せだった」と語る理由

    4. 敏感でも内向的でもだいじょうぶ。ラクに生きるヒント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 老化は“のど”から!? のどを鍛えて長生きする方法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. お金を貯める方法。定期預金? それとも投資? #ホンネ調査

    9. 1分間あれば、あなたも強く賢いリーダーになれるよ

    10. 部下を生かし、幸せにするコミュニケーション/山田ズーニーさん[伝わる言葉の方程式 #2]

    1. 「充電しすぎはスマホのバッテリーをダメにする」は本当?

    2. 90%の人は、自分が糖尿病予備群だと気づいていない? 見過ごせないサイン7つ

    3. 私、嫌われてる? と思ったら試したい「0.1秒で好かれる方法」

    4. 面接で「あなたの弱点は?」と聞かれた時のベストな対処法

    5. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    6. ホウレンソウは上司から、飲み会は8人まで、が正解

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. レモンにはたくさんの効果があるという説は本当なのか。2週間試してみた

    9. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    10. その仕事、ムダだらけかも......。『すべての仕事は10分で終わる』

    【ビジネス手土産 #34】差し入れなら焼き立てを。上野凮月堂の本店限定ゴーフレーシュ

    FBからも最新情報をお届けします。