cafeglobeの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. キャリア
  3. 忙しない仕事を乗り切るために、使える北欧ヒュッゲの知恵

忙しない仕事を乗り切るために、使える北欧ヒュッゲの知恵

忙しない仕事を乗り切るために、使える北欧ヒュッゲの知恵

ずいぶんと早いスピードで寒い冬がやってきました。年末年始はオフィスもあわただしい様相。なんだか気持ちも急かされてしまいます。

寒くて忙しいときからこそ、オフの時間を心地よく幸せに過ごしたいもの。芳子ビューエル著『世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし』 より、世界一幸せな国といわれるデンマークの文化「ヒュッゲ」についてご紹介します。

自分だけの居場所である「マイチェア」を用意する

デンマークの人たちのマイチェアに対するこだわりも、なかなかのもの。そもそも彼らは、ダイニングのチェアであれ、スツールであれ、「椅子」なら何でも好きなようですが、マイチェアへのこだわりは格別です。長い冬の間、室内で過ごすことの多い彼らにとっては、マイチェアこそが、自分が「いちばん長い時間を過ごす」場所なのですから、無理もないでしょう。

071ページより引用

2012年から行われている国際連合の幸福度調査で、デンマークは過去3回において首位に輝いていると著者はいいます。「世界一幸福な国」といわれるデンマークの独特な文化「ヒュッゲ(Hygge)」。欧米で一大ブームになっているのも、うなずけるところ。「ヒュッゲ」とは、デンマーク語で「幸福」「心地よさ」を表す言葉なのですから。

仕事を終えて帰宅して、ひとしきり落ち着いたら、夜のひとときをお気に入りのソファでゆっくりくつろぐ。あるいは、休日の朝、パジャマ姿のまま、お気に入りの椅子に座って空を眺めながらコーヒーを飲む。そんな場所があると想像するだけで、早く帰りたいという気持ちになるものです。

「ヒュッゲ」の考え方と、家やインテリアは切っても切れない関係。ことに、自分自身がくつろげる場所として、デンマーク人は特に椅子へのこだわりが強いのだとか。

本当の自分に帰ることができる場所としてのマイチェア。私たちももう少しこだわって選んでみても良さそうです。

ヒュッゲな交流のキーワードは「共有」と「素」

私が考えるヒュッゲなおつきあいのキーワード、その第1は「共有」です。温かい時間の共有、快適な空間の共有、愉快な体験の共有......。中略

その2は「素」であること。自然のまま、あるがままのおつきあいです。たとえば、ディナーに招待されて友だちの家を訪ねても、奥さんがいつもと違うドレスを着ているようなことはありません。ふだんと同じです。

088~089ページより引用

デンマーク人にとっての「ヒュッゲ」は、厳しい冬を乗り越えるための"暮らしの知恵"といわれていて、家族や友だちと集まって「あたたかい時間」「快適な空間」を共有することにあるといいます。

おいしい食事、仲間と集って場所や時間を共有する。だからといって、ディナーの招待客には「お客様扱い」をまったくしないのだとか。素のままに、一緒に料理の支度をして、おいしくいただく楽しい時間。ときに、密接な人間関係は煩わしくなるものですが、それぞれが心地よさを大切にしているから、問題はおきないのでしょう。

ちなみに、お隣の国スウェーデンには「ヒュッゲ」と似たような「脱力」や「ポジティブにあきらめる」といった意味合いの「ラゴム」という言葉もあります。

気持ちよく働くために、人にも自分にも素のままで心地よい場所や時間を意識的に作って。この冬はヒュッゲな感覚を日常生活に取り入れてみたいものです。

世界一幸せな国、北欧デンマークのシンプルで豊かな暮らし

著者:芳子ビューエル発行:大和書房定価:1,400円(税別)

photo by Shutterstock

Writing byナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    2. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    3. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    4. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. オフィスで簡単に試せるミニマインドフルネス

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 職場での悪い噂をストップ。透明性あるチームをつくるには

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. いいオフィスがいい仕事を生む。働き方先進国デンマーク#3

    1. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    2. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. アルマーニのグロークリームで最強素肌へ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 箱根駅伝トップ校から学ぶ、チームを伸ばすマネジメントテク

    10. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

    3. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    4. 「味わう」を意識すると人生は豊かになる。ソムリエ・佐藤陽一さんの哲学

    5. 好かれるとはちょっと違う! 職場で尊敬される人になるには

    6. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    9. 部屋を片付けられないのは、意思決定力が弱いから

    10. すでにアラフォーの半数以上がはじめてる。2018年の自分磨き事情

    忙しない仕事を乗り切るために、使える北欧ヒュッゲの知恵

    FBからも最新情報をお届けします。