1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ハリー王子とメーガン・マークルの婚約発表。婚約指輪にはダイアナ妃のダイヤモンド

ハリー王子とメーガン・マークルの婚約発表。婚約指輪にはダイアナ妃のダイヤモンド

ハリー王子とメーガン・マークルの婚約発表。婚約指輪にはダイアナ妃のダイヤモンド

2017年11月27日、イギリスのヘンリー王子(通称ハリー王子)とアメリカ人女優のメーガン・マークルの婚約が発表されました。翌28日には、挙式は2018年の5月、ウィンザー城にあるセント・ジョージ・チャペルで行われることが判明。

いろいろハードルがあったけれど

ケンジントン宮殿でツーショットを見せた、33歳のハリー王子と36歳のメーガン。じつに嬉しそうなふたりの笑顔が印象的です。

2016年に交際が発覚したとき、イギリスメディアが大騒ぎしたのは、メーガンの「離婚歴、外国人、人種、宗教」というバッググラウンド。メーガンはバツイチ、ロサンゼルス出身のアメリカ人。母親はアフリカ系アメリカ人で父親はヨーロッパ系アメリカ人。カトリック系の高校を卒業しているのが取りざたされたのも、イギリスの国教は国王か女王が首長となる「イングランド国教会」だから。キリスト教なのですが、カトリックとは分けて考えられています。

過去なら問題となったこれらの要素も受け入れられ、ふたりの意思が尊重されたのは、21世紀の王室ならでは。メーガンは改宗し、イギリス国籍を取得する手続きを開始しているそうです。

これからも大変そうだけど、やっぱりおめでたい!

婚約指輪にはハリー王子の想いが詰まっています。中央には、ハリー王子のお気に入りの土地ボツワナからのダイヤモンド。その両側をいろどるふたつのダイヤモンドはダイアナ妃のものでした。ハリー王子自身が手がけたデザインには、ふたりで訪ねたボツワナの思い出とダイアナ妃への想いが込められました。欧米メディアでは、ウェディングドレスをデザインするのは誰かを始め、挙式の詳細などさまざまな憶測が飛びかっています。今後、メーガンの言動はますます注目されそうです。

来春には、キャサリン妃の第3児の出産もあり、イギリス王室にはおめでたい出来事が続きます。

婚約発表後にふたりで受けたインタビューでは、出会いや遠距離恋愛、メディアの大騒ぎなどについて、メーガンはとまどうことなく答えています。ですが、ずっとハリー王子の手を握って離さないところに彼女の緊張を感じました。

これまでもチャリティーや国連の活動に関わってきたメーガン。21世紀のイギリス王室の一員として、どんな公務を担ってゆくのでしょうか。

The Atlantic, People, Today]photo by Getty Images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    ハリー王子とメーガン・マークルの婚約発表。婚約指輪にはダイアナ妃のダイヤモンド

    FBからも最新情報をお届けします。