山本未奈子さんの連載も、今回が最終回。ポジティブなコミュニケーション術は、すぐ取り入れられるものばかり。

締めくくりは、未奈子さんが思い描く会社のあり方やビジョンについてつづってくださいました。女性の高い能力を信じている、女性はもっと活躍することができるという熱い思いは、エールのように心に響きます。

社員が笑顔でいれば、お客さまの笑顔につながる

20170922_minako6-1.jpg
社員のプライベートは全面的にサポート。この日は結婚3名、妊娠3名のお祝いの会

みなさま、こんにちは。山本未奈子です。

2009年に立ち上げた会社も、もう9年目。キャリアインタビューでもお話ししましたが、私が掲げる会社のミッションは「美を通じて、日本の女性を幸せにする」。社員が笑顔でいれば、その先にいるお客さまも笑顔になってくれると信じているので、働きやすい環境づくりには力を入れているつもりです。

会社はフルフレックス制を導入し、月末に帳尻があっていれば、ゆっくりランチに出ようが、仕事中にネイルサロンに行こうが構いません。美容院やエステなどで自分磨きをしたら月1万円までは手当を出します。ゆくゆくは週休3日にしたいですし、託児所社食も充実させたい。まだまだやらなくてはいけないことは山積みです。

出産・子育ては会社をあげて全面的に応援しますが、子どもがいない社員に負担をかけない体制も整えなければいけません。また、産休や育休を取るということはキャリアを築ける数年間に穴をあけるということ。休みの間も能力を生かせる場を作ってあげられたらとも思います。

社員は女性だけですし、いろいろな考えや立場がありますから、もし小さな不満があればその芽はできるだけ早く摘んで、解決することが大切。そのために欠かせないのが、やはり「コミュニケーション」です。

社員の可能性を伸ばしたい、そして社会貢献も

20170922_minako6-2.jpg
ガーナの子どもたちを支援する活動をしている友人のイベントにて

社員との関わり方もコミュニケーションも、会社の経営についても、まだまだ勉強中ですが、最近ようやくあり方が見えてきたという感じ。今まで暗闇のなかにいたのが、うっすら晴れて、道しるべがぼんやり見えてきたという実感があります。

今年11月には、運営する「スパ ダマイ代官山」が「ラグジュアリー トラベル ガイド アワード 2017」のラグジュアリー・スパ部門において「グローバル アワード 2017」を受賞しました。また、2018年1月に開校する「グローバルビューティーカレッジ」の理事長を務めることになり、来年の課題も見えてきたところです。

会社としては、まず社員がやりがいを感じられる仕事を増やしていきたいです。また、事業の一環として社会貢献に力を入れたいです。現在も、会社として日本の被災地や海外の学校づくりに寄付をしたりしていますが、団体を設立するのか、寄付する先を増やすのか、何らかのかたちで参加することができれば、私の目標は達成できると信じています。

3か月に一度おこなう全体会議では、会社の目標をリマインドして意識を共有しています。ですから、私が描く目標はきっと社員にも伝わっているはず。「社長の将来のビジョンは?」とたずねれば、誰もが「美を通じて日本の女性を幸せにすること、そして会社として社会貢献に力を入れること」と答えてくれるでしょう。それを思えば、私のつたないビジネスコミュニケーションでも、チームビルディングは成功と自負できるのかもしれません。

女性が持つすばらしい能力を信じて

20170922_minako6-3.jpg
定期的にミーティングや勉強会を開催して、社員との情報共有を欠かさない

私は、女性が持つすばらしい能力を信じています。ひとつのことに集中しながら、別のことを考えることができるマルチタスカーです。女性は物事のよし悪しをイメージや感覚で捉えられるのもすばらしいと思います。これから会社を大きくするにあたり、男性も雇用するかもしれませんが、今は考えていません。

先日、ある女性を面接したのですが、最後に「2年後、5年後、10年後、どうなっていたいか。ご自分(私)と会社についてビジョンを教えてください」と言われて感動しました。もちろん、いつもと同じように熱く語りました(笑)。彼女も共感してくれたようで、「ぜひ」と言ってくれたので、この記事が公開されるころにはきっと会社の一員として迎えていることでしょう。

自宅のリビングでひとりではじめた会社も、現在はなんとか50人を率いるまでになりました。規模が大きくなればなるほど難しくなるのがコミュニケーションですが、これからも試行錯誤しながら、さまざまな人と確かなコミュニケーションを取り、ゆっくりでも着実に、地に足をつけた経営をしていきたいと思います。

この連載をさせていただくことで、「ビジネスコミュニケーション」についてあらためて考えるすばらしい機会をいただきました。そして自分自身の気づきにもなりました。同世代のみなさまがどのように心がけていらっしゃるかも教えてほしいです。きっと私にはできていない素敵なアイデアがたくさんあると思います。いつかみなさまとお話しする場に恵まれることを心から祈っています。お読みくださり、ありがとうございました!

山本未奈子(やまもと・みなこ)さん

1975年生まれ。12歳から大学卒業までをイギリスで過ごす。32歳のとき、夫の転勤でNYへ渡り、好きだった美容を学ぶため、NY有数の美容学校へ入学し、首席で卒業。同校で教鞭を執るまでに。その後、拠点を日本に移し、2009年に「MNC New York Inc.」を設立。この年に発表した「SIMPLISSE(シンプリス)」は人気の美容ブランドとして成長。現在はヘアアクセサリーブランド「France Luxe(フランス ラックス)」やエステティックスパ「SPA DAMAI(スパ ダマイ)」の運営、2018年1月に開校する「グローバルビューティーカレッジ」を主宰するなど、美容家としてのみならず、「全女性が美を通じて充実した日々を送れるよう支援する」をモットーに多方面で活躍している。著書多数。

撮影(1枚目)/柳原久子