この時期の悩みの1つが手足の冷えです。寒いのはとくに足元。ヒールを履いた足元をまさかレッグウォーマーで温めるわけにもいかず、オフィスや外出先で鬱々とした気分になっている人もいるでしょう。そんなときはコーヒーブレイクのときのおやつを一工夫。冷え解消に繋がる栄養素を摂取してみましょう。

冷え解消にはビタミンE

MYLOHAS」によると、身体の冷えを改善する方法のひとつに、ビタミンEの摂取があるのだそうです。

1020年代に不妊のネズミの実験から発見されたビタミンE。脂に溶ける性質を持っています。(中略)そのはたらきのひとつが、血流をうながしてくれること。肩こりや冷えをやわらげます。さらに、活性酸素から身体のサビを防ぐという役割も見逃せません。

MYLOHAS」より引用

ビタミンEが素晴らしいのは、血行を良くするだけでなくアンチエイジング効果が期待できる点

このサビを防ぐ力は、当然、肌細胞にもいえること。シミやシワなどといったエイジングを防いでくれるのはうれしいですよね。さらにホルモンバランスを整え、生理不順などに婦人科系にはたらきかけてくれます。

MYLOHAS」より引用

とのことで、肌のエイジングサインが気になるときにも積極的に摂りたい栄養素なんです。

オフィスにいながらビタミンEをチャージ

気になるのが摂取方法。最近はビタミンEのサプリもドラッグストアに売られていますが、食品からも摂取できます。

ビタミンEはうなぎやアボカド、魚卵などに多く含まれますが、比較的取り入れやすいのはアーモンドやくるみといった種実類ではないでしょうか。(中略)ちなみにビタミンEは脂に溶けるビタミンなので、脂と一緒にとると吸収率が上がります。日ごろからタンパク質をしっかりとっておくことも忘れずに。

MYLOHAS」より引用

このように、おすすめはナッツ。たとえば、コーヒーブレイクのときに、アーモンドやくるみを食べると、小腹を満たせるうえにビタミンEの摂取もできて一石二鳥です。脂といっても、健康への悪影響が懸念されるトランス脂肪酸を含む食品ではなく、ココナッツオイルを使ったスイーツなど良質の脂と一緒に摂取するとよさそう。

冷えや、ひいてはアンチエイジングにもつながるというビタミンE、摂取しない手はありません。

MYLOHAS

photo by Gettyimages