1. Home
  2. キャリア
  3. トランプさんの影響? アメリカへの留学生が減っている [New York Times]

トランプさんの影響? アメリカへの留学生が減っている [New York Times]

The New York Times

トランプさんの影響? アメリカへの留学生が減っている [New York Times]

米国の大学では、ドナルド・トランプ氏が大統領になってから初めての年度が始まった。調査によると、教育界が恐れていたことが現実となった。米国に来る留学生が減っているのだ

半数近い大学で海外からの新入生が減少

2017年秋に新しく米国にやってきた留学生数は、平均で7%減少した。Institute of International Education(国際教育機関)が全米およそ500のキャンパスを調査したところ、その45%が海外からの新入生数が落ちたと回答している。

国務省と協力して同機関で調査を担当するタジカ・バンダリは、「いくつかの要因がありますが、留学生に関連した事件も起きていることから、入国禁止や身の安全への懸念が大きくなっています」と言う。

もうひとつの理由として、カナダ、英国、オーストラリアといった国々が、競争力をつけていることがあげられる。

今月発表された統計には、2016年度(~2017年夏)の最終的なデータも含まれている。昨年の米国内の留学生数は108万人で、10年前に比べると85%増と、記録的な伸びを見せている。

そのうちの175,000人は、学位取得後に「オプショナル・プラクティカル・トレーニング」と呼ばれる一年間のインターンシップ制度を使って、米国に残った人たちだ。

しかし昨年にも新しい留学生は3%減っており、トランプが大統領になる前に、すでに減少傾向が始まっていたことを示している。

中西部の大学に痛手

米国経済は、留学生から390億ドルを獲得しているが、留学生の減少は、特に中西部の小さな大学には経済的痛手となる可能性がある。アイオワ大学の場合、2015年の新入留学生は4,100人だったが、この秋は3,564人だった。

同大学の国際プログラム事務局長、ダウニング・トマスによると、他のビッグ・テン(カレッジ・ラグビー・カンファレンス加盟校)でも留学生は減少しており、以前のような上昇を見ている大学は皆無だという。

ミズーリ州ウォレンズバーグでは、2016年秋には2,638人いた留学生が、この秋には944人になった。

入国禁止政策やヘイトクライムを危惧

インドからの留学生が減ったのは、通貨危機に加え、トランプ政権の入国禁止政策がムスリムの国々に影響を与えていることも一因だ。インドは入国禁止国のリストには挙げられていなかったが、大学生の多くがムスリム地域の出身であり、心配していた。

「留学するにあたり、自分たちは歓迎されているし安全だと感じられることは重要です。こうした政策が留学生減少に関係していないとは言えないでしょう」

昨年の大統領選が終わってすぐに、米国への留学を検討中のインドの若者に話を聞いたところ、人種をめぐる米国の環境を恐れているとの声が聞かれた。2月にカンザスシティのバーで、インド系のエンジニアが撃たれて亡くなった事件が起きてから、その危機感がつのったとしてもおかしくない。

今回、2017年秋時点での調査について、留学生の国別のデータはまだ公開されていない。

2016年秋の場合、前年比で留学生数が減少したのは、留学奨学金が削減されたブラジル、サウジアラビアだった。

© 2017 The New York Times News Service[原文:Fewer Foreign Students Are Coming to U.S., Survey Shows/執筆:Stephanie Saul](翻訳:スマキ ミカ)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    トランプさんの影響? アメリカへの留学生が減っている [New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。