1. Home
  2. キャリア
  3. あなたの部下は、会社のことをブラック企業と思ってるかも

あなたの部下は、会社のことをブラック企業と思ってるかも

あなたの部下は、会社のことをブラック企業と思ってるかも

あなたの勤め先はブラック企業だと思いますか? そんな質問をされたら、あなたはどう答えるでしょうか。

ほぼ4人に1人がYESと回答

MS&AD基礎研究所株式会社が、2017年8月に会社員・会社経営者の計1,000人を対象におこなった「働き方」についてのアンケート調査によると、全体の23.9%の人が、自分の勤め先がブラック企業であるかという問いに対し「そう思う」「ややそう思う」と回答。つまり4人に1人近くは、自身の勤め先をブラック企業と捉えていることになります。

171201_work_2.jpg
自身の勤め先はブラック企業だと思うか?

この数字は、多いのでしょうか? それとも少ない? 人によって考え方はいろいろだと思います。今回のアンケート結果をさらにみていくと、世代や性別によってブラック企業の捉え方にギャップがあることが明らかになりました。

どんなときブラック企業と感じる?

「過労死」などセンセーショナルなニュースのイメージもありますが、そもそもブラック企業の判断基準は何でしょうか。

アンケートではブラック企業に対するイメージについて、18の設問を用意。それぞれどの程度「ブラック」だと感じるかを、5段階(そう思う、ややそう思う、どちらともいえない、あまりそうは思わない、そう思わない)で答えてもらいました。

171201_work_1.jpg
会社の働き方や考え方に関し、それぞれどの程度「ブラック企業」と感じるか?

回答をみると、ブラック企業だと感じる人(「そう思う」「ややそう思う」と答えた人)がとくに多かったのは、「定着率が悪い、離職率が高い」「人手不足が慢性化している」「サービス残業がある」「残業時間が月80時間を超える」などの項目でした。

業務量が多く常に人手不足、サービス残業が増えたり休みが取れなかったりという状況が慢性化し、社員の離職率が高い職場、というイメージが浮かび上がります。

20〜30代女性は不満を感じている

ただし、性別や年代によって、ブラック企業と判断する基準に差があります。下図は上図設問のうち、「そう思う」「ややそう思う」の合計値を比較し、ギャップが大きいものをピックアップしたものです。

171201_work_3.jpg
「会社の働き方や考え方に関し、それぞれどの程度『ブラック企業』と感じるか」の問における「そう思う」「ややそう思う」の合計差

上のグラフで、20代と30代の男性社員の回答を比べてみてください。同じ項目でも、30代男性は、20代男性よりも「ブラック」と感じていない傾向が高いのです。たとえば「業務量が多く常に業務に追われている」という項目で見ると、20代男性は64%がブラック認定をしているのに対して、30代男性は41%。感覚の違いがあります。

一方、女性は年代によるギャップは少ないものの、総じて厳しい見方をする傾向にあるようです。

組織のなかの意識の違いを把握しよう

あなたがチームリーダーを務めたり、部下を持つポジションならば、若手の不満がどういう時に生じやすいかを気に留めておくべきでしょう。職場環境の改善のためには、こうした組織のなかの意識の違いを把握しておくことは、必要なスキルともいえそうです。

最初の「あなたの勤め先はブラック企業だと思いますか?」という質問に対して、あらためて世代別に見てみましょう。20代の31.0%は自身の勤め先をブラック企業ではないかと捉えているのに対して、50代では12.0%まで減少しています。

「いまどきの若い者は......」という感覚は、いつの時代にもあるもの。自分の時代はこうだった、もっと頑張れた、と感じてしまうこともあるかもしれません。けれども、世代や個人によって「働き方」への捉え方や感覚が違うことを理解していれば、よりよい職場づくりを進められそうです。

MS&AD基礎研究所株式会社

photo by Shutterstock

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. メンターと呼べる存在、いる? NOなら、ここで出会えるかも

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    あなたの部下は、会社のことをブラック企業と思ってるかも

    FBからも最新情報をお届けします。