2017年の冬至は12月22日。四半期に一度のターニングポイントを迎えます。

インフラトラブルに注意!

12月3日より、いて座で水星の逆行が始まります。23日までは、公共交通機関やネットなど社会的なインフラにトラブルの気配あり。出先では渋滞や電車の遅延などを見越して早めの行動をこころがけて。対人面は自他ともにシビアなくらいでちょうどいいのかも。なお冬休みに海外旅行を予定している人は、この期間中の準備にご用心。水星逆行の影響も手伝ってパスポートの期限切れや事務手続きのミスなどが頻発しそう。

何事も広い心を持って

活動宮で起こるグランドクロス(※注)の影響が社会に変化とアクションを呼びかけます。体制への揺さぶりが激しいときですが、木星は天体の緊張関係に調和的な配置を取っています。木星は受容性を意味する天体。この星が『何事も受け入れる広い心を持つように』と告げています。春までの間は、けっして物事をあきらめたり、自暴自棄になってはいけません。弱腰ではなく、穏やかでオープンマインドな姿勢を貫くことで、思わぬところから事態は収拾される模様。同時に太陽は土星とともに天王星と調和的な位置を取っています。

この冬は、国際社会から日常生活レベルに至るまで、これまでのあり方を一変させるような出来事も予想されますが、辛抱強く常識的な対応をおこなうこと。このような毅然としたおこないが、結果的に予想外の活発な展開を呼ぶでしょう。なお経済面は堅調。株価なども順調な推移を見せる暗示が出ています。

※注 おひつじ座、かに座、てんびん座、やぎ座で発生する複合的な星の配置

>>星座ごとの占いはこちら:逢坂杏の12星座占い

>>【2017年下半期の運勢】逢坂杏の12星座占い

カフェグローブのほかの占いも見る

>>haruの恋占い