1. Home
  2. キャリア
  3. 1年で一番疲れやすい時期「師走」を倒れず乗り切るには

1年で一番疲れやすい時期「師走」を倒れず乗り切るには

1,354

1年で一番疲れやすい時期「師走」を倒れず乗り切るには

歳を重ねるにつれ、だんだん必要以上の無理もできなくなってくるのは悔しいものですが、そもそも1年中忙しく仕事をしているビジネスパーソンにとって、疲労マネジメントは必要なスキルともいわれます。

では、他の人はどのようにその忙しさに対処しているのでしょうか。総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングが働く男女1,000人に対して行った調査結果を紹介します。

秋から冬にかけてが一番疲れやすい

1位「10月~12月」......38.3%2位「7月~9月」......25.4%3位「1月~3月」......22.8%4位「4月~6月」......13.5%

10月から年末にかけては、ビジネスパーソンが最も疲れを感じやすい時期ということが判明しました。

とはいえ、疲労の理由はそれぞれ時期によって異なり、「1月~3月」は年始の忙しさ、「4月~6月」は人事異動や花粉症の症状で、「7月~9月」は夏バテや食欲不振、そして「10月~12月」は、やはり忘年会や年末業務などが重なることで疲れを感じるといった回答が多くみられました。

連休前にも体調を崩しやすい

また直近1年以内に、連休前に体調を崩した経験があるか聞いたところ、38.4%の方が「ある」と回答しています。

20171205_work_1.jpg
Q. あなたが1年を通して、 最も忙しさを感じる時期をお答えください。(単数回答/n=1000)

さらにその時期について聞いてみると、特に年末年始の連休前という回答が半数以上に。やはり年末は忙しく体調を崩してしまう人が多いのかと思いきや、体調を崩した理由の1位は「日ごろの疲労で」が70.4%と大多数。これは、2位の「風邪がはやっていたので」の35.2%から見るとほぼ2倍の数字です。

つまり忙しさによる疲労の蓄積が体調を崩す最大の理由なのでしょう。お正月やゴールデンウィークを体調不良で過ごすのもさびしいもの。そんなことにならないために、普段から疲れをためないように心がけたいものです。

一番の体調管理は、やっぱり睡眠!

最後に体調管理のために普段気を付けていること聞いたところ、

1位「睡眠」......69.5%2位「食事」......50.6%3位「入浴をする」......26.6%

という結果に。けれども男女で比較をすると、男性は「運動」や「睡眠」と回答した方が女性よりも多く、女性は「食事」や「入浴」、「ストレス発散」、「サプリメントの摂取」などが男性に比べて多い結果に。

働く女性は、家族のケアなど仕事以外にも忙しさに忙殺されることも多いものですが、頑張りすぎて倒れてしまっては本末転倒です。周りの協力なども仰いだり、有料サービスを利用したりして、自分をいたわることが大切。疲れたなと思ったら早めにゆっくり休む、そんな意識を持つだけも変わるかもしれませんね。

アイリサーチ

photo by Getty Images

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1年で一番疲れやすい時期「師走」を倒れず乗り切るには

    FBからも最新情報をお届けします。