1. Home
  2. ライフスタイル
  3. マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

父バラク・オバマがアメリカ合衆国大統領を退いたあと、ハーバード大学に進学した長女マリア・オバマ。2017年8月に寮に引っ越しして、平和に大学生活を送っていると思いきや......。

マリアのプライバシーを尊重して!

久しぶりに彼女の名前を見たのは、11月末。ゴシップ紙にタバコを吸っている画像が暴露され、アメリカで話題になってしまいました。

しかし、元ファーストドーター(大統領の娘)とはいえ、マリアは一学生。彼女のプライバシー尊重を訴える声の中には、最大級のサポーターがいました。

ビルとヒラリーのひとり娘、チェルシー・クリントンです。

マリア・オバマの私生活は、若い一女性として、大学生として、民間人として、人々の興味をかきたてクリックさせるネタであってはならないのです。みなさん、しっかりしてください。

イヴァンカもチェルシーに同調

そして現在のファーストドーターでもあり、大統領補佐官でもあるイヴァンカ・トランプもまったく同感でした。

マリア・オバマにも、一般の学生と同じようなプライバシーが許されるべきです。若者であり民間人なのですから、プライバシーを侵害するべきではありません。

マリアと同じ立場だったからこそ言える、チェルシーとイヴァンカのプライバシー擁護論です。

自分をしっかり表現するファーストドーターたち

マリアは大学生とはいえ、19歳で未成年(アメリカの成人は21歳)。アメリカでは、未成年の飲酒や喫煙については日本よりずっと厳しいのです。しかし、それを咎めるより、民間人であるマリアのプライバシーの擁護論が聞こえてきました。

チェルシーがホワイトハウスに住んでいた1993年から2001年は、まだSNSがない時代。それでもつねにメディアに囲まれていた少女時代を過ごしたチェルシーと、SNS時代のファーストドーターであるイヴァンカがプライバシー尊重を訴えるのもわかる気がします。

さて、マリア本人もインスタグラムで発言しています。

かいつまんで言うと、「わたしのことをうわさしてもなんの得もありません。ゴシップに関わるより、生産的な活動をしてください。わたしには自分の生活があるし、他人には自分を変えさせません

マリアが自分の意見をきっぱり発言するところは、他のファーストドーターたちと共通していました。これによって、元ファーストドーターたちのプライバシーがもっと尊重されるようになるといいですね。

People, USA Today

photo by Shutterstock

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

    FBからも最新情報をお届けします。