1. Home
  2. ライフスタイル
  3. マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

父バラク・オバマがアメリカ合衆国大統領を退いたあと、ハーバード大学に進学した長女マリア・オバマ。2017年8月に寮に引っ越しして、平和に大学生活を送っていると思いきや......。

マリアのプライバシーを尊重して!

久しぶりに彼女の名前を見たのは、11月末。ゴシップ紙にタバコを吸っている画像が暴露され、アメリカで話題になってしまいました。

しかし、元ファーストドーター(大統領の娘)とはいえ、マリアは一学生。彼女のプライバシー尊重を訴える声の中には、最大級のサポーターがいました。

ビルとヒラリーのひとり娘、チェルシー・クリントンです。

マリア・オバマの私生活は、若い一女性として、大学生として、民間人として、人々の興味をかきたてクリックさせるネタであってはならないのです。みなさん、しっかりしてください。

イヴァンカもチェルシーに同調

そして現在のファーストドーターでもあり、大統領補佐官でもあるイヴァンカ・トランプもまったく同感でした。

マリア・オバマにも、一般の学生と同じようなプライバシーが許されるべきです。若者であり民間人なのですから、プライバシーを侵害するべきではありません。

マリアと同じ立場だったからこそ言える、チェルシーとイヴァンカのプライバシー擁護論です。

自分をしっかり表現するファーストドーターたち

マリアは大学生とはいえ、19歳で未成年(アメリカの成人は21歳)。アメリカでは、未成年の飲酒や喫煙については日本よりずっと厳しいのです。しかし、それを咎めるより、民間人であるマリアのプライバシーの擁護論が聞こえてきました。

チェルシーがホワイトハウスに住んでいた1993年から2001年は、まだSNSがない時代。それでもつねにメディアに囲まれていた少女時代を過ごしたチェルシーと、SNS時代のファーストドーターであるイヴァンカがプライバシー尊重を訴えるのもわかる気がします。

さて、マリア本人もインスタグラムで発言しています。

かいつまんで言うと、「わたしのことをうわさしてもなんの得もありません。ゴシップに関わるより、生産的な活動をしてください。わたしには自分の生活があるし、他人には自分を変えさせません

マリアが自分の意見をきっぱり発言するところは、他のファーストドーターたちと共通していました。これによって、元ファーストドーターたちのプライバシーがもっと尊重されるようになるといいですね。

People, USA Today

photo by Shutterstock

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    3. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    8. リッチなアジア人増えてきた気がするけど、本当にそうなの?

    9. 嘘みたいに優秀!? 6人の賢者が教えるオイル美容のワザ

    10. 「いいね」「できる」で記憶は変わる。がんばりたくない人むけ自己改善法

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    マリア・オバマへのゴシップに、チェルシーとイヴァンカが物申す!

    FBからも最新情報をお届けします。