1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 100万粒のスワロフスキー・クリスタルが輝くヴィクシーエンジェル

100万粒のスワロフスキー・クリスタルが輝くヴィクシーエンジェル

100万粒のスワロフスキー・クリスタルが輝くヴィクシーエンジェル

WOW! 思わず息をのんでしまう、燃える鳳凰のようなゴージャスな衣装。

20171205_swarovski_2.jpg

これは、2017年11月20日に上海で開催された「2017 ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー(2017 Victoria's Secret Fashion Show)」のワンシーン。スエーデン出身のエルザ・ホスクが「エンジェル」として、まばゆい100万粒が輝くスワロフスキールックをお披露目しました。

めくるめくほどの色の洪水

スワロフスキーは、「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー(Victoria's Secret Fashion Show)」に2003年より15年間に渡り、スワロフスキー®・クリスタルを通してファンタジーとグラマラスを表現。

2017年のテーマ「遊牧民の冒険(Nomadic Adventure)」に合わせて、赤、黄、ゴールドやオレンジといった色彩が勢いよく暴れだしたかのような豪華な作品を制作したのは、パリを拠点とするクチュリエ、セルカン・クーラです。セルカン・クーラは、ジャン・ポール・ゴルティエに師事し、2013年に独立し自身のブランドを立ち上げ、ウイング作家として活躍中。

20171205_swarovski_3.jpg

約100万粒のクリスタルが装飾に使用され、183メートルにも及ぶリボンを使ったウイングはなんと6.5kgもの重さ。ウイングを支えるハーネスや手に装着するジュエリーの隅々にまで、スワロフスキー®・クリスタル ビーズが所狭しとびっしり縫い付けられています。

20171205_swarovski_1.jpg

29色以上のカラーが使われたのは、15年の歴史を振り返っても初めてのこと。なかには、シトリン・シマー、ヒヤシンス・シマーなどの新色や、微妙な緑のニュアンスカラーなども。スワロファンでなくても感嘆の声をあげてしまいそうな美しさですよね!

20171205_swarovski_8.jpg

ランウェイを華やかに彩る歴代エンジェル

過去のルックもびっくりするほどに素敵なんです。

20171205_swarovski_4.jpg
Heidi Klum -VSFS 2007 (Photo by GettyImages)
20171205_swarovski_5.jpg
Alessandra Ambrosio 2011- VSFS (Photo by GettyImages)

2014年には、リリー・ドナルドソンによる「おとぎ話から出て来たようなルック(the Fairytale look)」

20171205_swarovski_6.jpg
Lilly Donaldson - VSFS 2014 (Photo by GettyImages)

2015 年には、マーサ・ハントによる「花火のようなLED を使ったルック(the Fireworks look)」

20171206_swarovski_8.jpg
Martha Hunt - VSFS 2015 (Photo by GettyImages)

そして 2016年には、ジョセフィーヌ・スクリバーが登場し、壮大なルックは脈々と歴代の「エンジェル」たちに脈々と引き継がれているのだそう。

20171205_swarovski_7.jpg
Josephine Skriver 2016-VSFS (Photo by GettyImages)

クリエイティビティと生命力に溢れた輝きから、元気がもらえた気がします!

スワロフスキー・ジャパン株式会社

スワロフスキー・プロフェッショナル事業部 電話:03-3262-3012 http://www.swarovski.com/crystals

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    100万粒のスワロフスキー・クリスタルが輝くヴィクシーエンジェル

    FBからも最新情報をお届けします。