1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 12月12日は「クイーン・デー」。がんばる自分を、甘く称えて

12月12日は「クイーン・デー」。がんばる自分を、甘く称えて

12月12日は「クイーン・デー」。がんばる自分を、甘く称えて

11月11日を「ポッキー&プリッツの日」と定めたグリコが、来る12月12日を「クイーン・デー」として申請し、一般社団法人 日本記念日協会に認定されています(2016年から)。毎日をがんばって過ごす女性が、甘く称えられる1日なのです(嬉)。

なぜ12? なぜ女性限定? それは、楽しい連想が基になり、決まったのだそう。グリコで愛されている「アーモンドピーク」や「バンホーテンチョコレート」の内容量はどちらも12粒......12......トランプカードの12......クイーン......女性たち! と。

女性を応援する素敵なプレゼントが当たる

全100種の「クイーンカード」が、アーモンドピーク2種、バンホーテンチョコレート2種の計4製品それぞれに各1枚ずつ入っています。まずはチョコレートの甘さとクイーンカードの可愛らしさに癒されましょう。

20171205_queen_1.jpg
クイーンカード入りの対象商品。左上から時計回りに「アーモンドピーク」、「アーモンドピーク<クリスピーク>」、「バンホーテンチョコレート<ビター>」、「バンホーテンチョコレート」。※キャンペーンマークのある商品のみ、クイーンカード入り。なくなり次第終了。

20171205_queen_3.jpg

キャンペーンマークの入った商品にはサンリオキャラクターの「クイーンカード」が入っています。そのバリエーションはなんと100枚! キュートなカードにで会えるのも楽しみです。

クイーンカードにはシリアルナンバーが付与されていて、シャンプーや電動ビューラー、柔軟剤など女性をサポートするプレゼントがもらえる可能性があるのだとか(当たるのは1212名!)。クイーンカードを集める楽しさがある上に、賞品が当たるワクワク感まで味わえるのが、クイーン・デーなのです。

チョコレートと、働く女性たちの関係性

ちなみに私はこのクイーン・デーを「チョコレートで称える」ということに、ある種の納得感をおぼえています。

なぜなら、チョコレートは癒しであり、働く女性の応援スイーツであり得るからです。小さなチョコレートのボックスを仕事場のデスクに常備しているという人は少なくないのではないでしょうか。間食を賢く取り入れることのメリットを伝える記事は、常に多くの読者の関心を集めています。大人の女性は、仕事中のスナックも何気なく食べるものではなく、自分の癒しやパワーアップにつながるものとして捉えているようです。

カカオの香りと甘さにいやされるばかりでなく、食物繊維やポリフェノール、テオブロミンなど、美容と健康にうれしい成分も入っています。疲れた時にも、頑張りたい時にも寄り添ってくれるスイーツなのです。

12月12日、12粒のチョコレートで。さあ、称えましょう。

「クイーン・デー キャンペーン」事務局

電話:0120-601-170(平日10:00〜18:00)※問い合わせ期間〜2018年3月30日(金)/土日祝、2017年12月29日(金)〜2018年1月3日(水)除く。

※クイーンカード入りの対象商品購入者から抽選で1212名にクイーンアイテムをプレゼント。2017年12月12日(火)にウェブサイトで当選シリアルナンバー一覧を発表。

クイーン・デー, アーモンドピーク, バンホーテンチョコレート]

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを