1. Home
  2. ライフスタイル
  3. マーメイドに会えるバー。オフビートな観光スポットに [The New York Times]

マーメイドに会えるバー。オフビートな観光スポットに [The New York Times]

The New York Times

マーメイドに会えるバー。オフビートな観光スポットに [The New York Times]

アメリカ北西部モンタナ州の都市、グレートフォールズ。マルムストローム空軍基地があるこの市は、最近、ある調査で「ゲイフレンドリーな都市」の州最下位になった。59,000人の大半がコンサバティブな保守派とされる。

そんな硬派なイメージとかけ離れた、ゆるーい魅力を放っているのが、「人魚に会えるバー」Sip'n Dip(シップンディップ)だ。

ブルーの照明でラグーンを演出

Sip'n Dipは「オヘア・モーターイン」というモーテル内にある、一見普通のポリネシア風ティキバーである。

洞窟のような店内には2枚の大きな窓があり、そこから直接プールの中が覗ける仕組みになっている。日中はモーテルのゲストが泳いでいるプールは、夕方のハッピアワー以降、閉鎖されてマーメイド専用になる。

人魚のコスチュームをまとい、ゴーグル、ロングヘアのウィッグを着けた女性が2人ずつペアになって登場。ひっくり返ったり、お尻を揺らしたり。20秒毎に息継ぎのために、水面に浮かび上がるため、その間だけは姿が見えなくなる。

マーメイド、募集中

20171209_NYT_top.JPG
オヘア・モーターインの一角にあるキッチュなオアシス、Sip'n Dip。マーメイドがガラスの向こうで演じる水中ショーが一番の売り。2017年9月22日モンタナ州グレートフォールズで撮影(Rich Addicks/The New York Times)

マーメイド役を務めるのは現在、計12人。そのうち3人が産休を取っているので実際は9人で週6日のシフトを回している。

「誰かマーメイドできる人知らない? ホント困ってるの。でも、ブラトップと尾ビレのスーツがOKな人だけよ」と言うのは、女性支配人のサンドラ・ジョンソン=セレスさん。

マーメイドの一人、クローディアさんは、この仕事の一番難かしいところは「キャラクターになりきったままでいること」だと語る。4時間のシフトの終了間際になると、どうしても現実の生活に引き戻されてしまうそう。「副業はマーメイド、なんて言ったら経営陣はどんな顔をするかしら」という彼女は、昼間はお堅い普通の仕事に就いている。

男性版マーメイドの求人に反応したのは......

最近、サンドラさんは、オンラインメディアで注目を浴びた。

「男性版マーメイド、マーマン急募」「毎週火曜、レディースナイト勤務- Sip'n Dipにて」という求人広告をオンラインに出したところ、その投稿がネット上で拡散。これにモンタナ州知事や同州選出の議員らまでが反応した

「やばい! 先約があったんだ」とスティーブ・ブーロック同州知事がツイート。「参ったな〜忙しいんだ」とジョン・テスター連邦上院議員も。ティム・フォックス州司法長官が「Speedo(スピード)@ドライクリーニング」と参戦すると、「大丈夫、僕のを貸してあげる!」とライアン・ジンキ連邦内務長官も応戦のツイッター。

きっかけは母と娘のブレスト

20171209_NYT_01.JPG
「ピアノ・パット」ことパット・スプーンハイムさん。85歳の今も現役のピアニスト兼シンガー。彼女の演奏を目当てにこの店に訪れる客も多い。2017年9月22日モンタナ州グレートフォールズで撮影(Rich Addicks/The New York Times)

マーメイドは、モーテルのオーナー一家のサンドラさんのアイデアだ。

半世紀以上前の1962年に開業したモーテルは、90年代半ばに経営危機に直面した。高速道路の近くに別のモーテルがオープンし、宿泊客が激減したのだ。バーラウンジから見えるプールに人影はなく、店の売上も激減した。

ある夜、サンドラさんは、客席で飲みながら母親と一緒にブレストし始めた。「人魚を雇わなきゃ、って冗談だったのよ。でも、お酒が進むにつれて、どんどん話が盛り上がって」

程なくして最初のマーメイドたちがデビューした。グリーンのテーブルクロスをダクトテープで留めて尾ビレに見えるようにしただけの衣装で。

この仕掛けはあっという間にヒット。客足が徐々に戻り始め、サンドラさんはレースを施した本格的な衣装作りに取り掛かった。

いつしか、「マストビジット」スポットに

海のない内陸のロケーションにありながら、南の島風コンセプトへの徹底したこだわり。最近、ちょっと風変わりな「知る人ぞ知るスポット」として、遠方からわざわざこの店を目当てにグレートフォールズを訪れる人が増えている。

普通の観光地に飽き足りない人向けに、オフビート(穴場的)な観光スポットを紹介するウェブサイト「ロードサイド・アメリカ」創設者のケネス・スミス氏は言う。「こういった一風変わった小さなスポットは人間味が溢れています。だから皆、遠く離れた場所まで探し求めるのでしょう」

© 2017 The New York Times News Service[原文:Welcome to the Campiest Place on Earth/執筆:Brooks Barnes](抄訳:Ikuko T.)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    マーメイドに会えるバー。オフビートな観光スポットに [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。