1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 探求欲をも満たす暖かなパートナー。セリーヌの楽しいブランケット

探求欲をも満たす暖かなパートナー。セリーヌの楽しいブランケット

探求欲をも満たす暖かなパートナー。セリーヌの楽しいブランケット

インテリアとしてもお洒落で、クスッと笑えて、ピクニックとかに持って行ったら人に「なにそれー!」って話題になるような、そんなブランケットを見つけました。「セリーヌ」から2017年秋冬コレクションとして発売されたウール製の新作ブランケットです。

20171206_celine_1.jpg
ウールブランケット(パームグリーン/パープル※パープルのみ路面店限定色)H180×W130cm 各115,000円(税別)。タグにはセリーヌが長年仕事を共にしているグラフィック・スタジオ「ピーター・マイルズ・スタジオ」の名が配されている。

グラフィカルに描かれているのは、「MACARONI CHEESE BEEF STEW」など伝統的なイギリスのローカルフードメニュー名。実用性やリアルライフをユーモラスに表しています。

パームグリーンとパープル、2色両方に大きく描かれている「BANGERS & MASH」をご存知でしょうか。わかりやすく言えばソーセージとマッシュポテトのこと。なぜソーセージと言わずにバンガーズか。一説によれば、その歴史をたどると第一次世界大戦まで遡り、1919年から登場しているのだとか。戦時中、ソーセージに詰めるための肉が不足し、水増しして詰めていたため、焼くときに破裂して「Bang!」と音がしたためなんだそう。

じゃあじゃあ、「JAM ROLY POLY」はどんなもの?

......と、こんな感じで調べもの欲を満たしてくれる素敵なブランケットなのです。寒い季節を乗り越えるにぎやかなパートナーとしてお薦め。

20171206_celine_2.jpg
左からウールモヘアチェックブランケット(グレー)H180×W130cm 135,000円、ウールモヘアブランケット(パームグリーン※路面店限定色)H180×W130cm 115,000円(共に税別)。

なお、ブランケットは2種類発売されており、ウールモヘア製のフリンジつきもあります。柔らかな色合いのチェック柄と、ハッとするヴィヴィッドなグリーンの無地タイプ。こちらはギフトに良さそうです。

セリーヌ

電話:03-5414-1401(セリーヌ ジャパン)

セリーヌ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    探求欲をも満たす暖かなパートナー。セリーヌの楽しいブランケット

    FBからも最新情報をお届けします。