1. Home
  2. キャリア
  3. ビル・ゲイツの2017年おすすめ5冊を読んで、彼に一歩近づく

ビル・ゲイツの2017年おすすめ5冊を読んで、彼に一歩近づく

ビル・ゲイツの2017年おすすめ5冊を読んで、彼に一歩近づく

ビル・ゲイツが年末恒例「今年読んだ本のベスト5」を発表しました。2017年にビルがおすすめする5冊はつぎのとおり。

1. Energy and Civilization: A History

カナダのマニトバ大学環境学教授、バーツラフ・スミルの最新作。2014年にも、別の書著がゲイツのベスト5にランク入りしていたところをみると、お気に入りの著者みたい。じつは、ビルはスミル教授の著作37冊を全て読んでいるそうです。自身のブログ「Gates Notes」で、スミルの新作を待ち望む心境は『スター・ウォーズ』ファンが新作を待ち望む気持ちと同じだと語っていました。ビルの熱烈ファンぶりが伝わってきました。

エネルギーがどのように人間社会を作り文明を発展させていったかを、時代を追って説明している本。ビルが動画で「傑作」と呼んでいるこの本はスミル教授の著作のなかでは比較的読みやすそうな印象。読んでみようかな。

2. Evicted: Poverty and Profit in the American City

タイトルの『Evicted』とは、住処を強制立ち退きさせられること。社会学者マシュー・デズモンドが、ウィスコンシン州ミルウォーキーの再貧困地区で1年半暮らした経験をまとめたこのノンフィクションは、数かずの賞に輝いています。

アメリカの貧困問題には、ドラッグ問題やメンタルヘルス問題も絡んできます。これらの問題は大富豪のビルにだって無関係ではない。社会全体を俯瞰しようとする彼の積極的な姿勢がうかがえます。

3. Believe Me: A Memoir of Love, Death, and Jazz Chickens

『オーシャンズ12』や『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』などに出演しているイギリスの俳優、コメディアンのエディー・イザードの自伝。ビルはエディのファンで、本を読みながら大笑いしたとか。ビルのツボにはまった部分はどこでしょう。それにしても、副題の「Jazz Chickens」が気になります。読むしかないですね。

4. The Best We Could Do

残りの2冊は、ベトナム系アメリカ人著者による本がランクイン。

まず、女性イラストレーターのThi Buiの『The Best We Could Do』。1978年にベトナムからアメリカへ渡った著者の家族の物語が、グラフィックノベル、つまりマンガ形式で回想されます。ベトナム系アメリカ人が多い街に暮らすわたしの関心を引きました。グラフィックノベルというフォーマットも気軽に読み始められそう。それにしても、グラフィックノベルまで読んでいる62歳のビル。守備範囲広すぎです。

5. The Sympathizer

『The Sympathizer』 は、南カリフォルニア大学教授のViet Thanh Nguyenのデビュー小説。2015年発表の本作は、2016年のピューリッツアー賞(フィクション部門)を始め、多くの賞に輝いています。

ビルいわく、

わたしがこれまでに読んだり観たりしたベトナム戦争についての本や映画のほとんどは、アメリカの視点で描かれていました。グエンのこの小説は、ずっと必要であった、ベトナム人そして両サイドに挟まれている立場からの見識を示しています。

Gates Notes」より翻訳引用

二重スパイを主人公にしたミステリーでもあり、コメディ、歴史もの、政治もの、スパイもの、戦争ものと多くのジャンルに当てはまるそうです。映画にならないかな。

好奇心を満たす読書

いつもながら幅広いジャンルやテーマが挙げられていて驚きます。そして、読書をする時間もあるということにも。読書の時間を大切にし、時間を割いていることがわかります。

読書は、自分の好奇心を満たしてくれるお気に入りの方法です。仕事で興味深い人たちに会ったり、おもしろい場所を訪ねたりできるので恵まれていますが、それでも、関心のある新しいテーマを探求するには読書がベストだと思っています。

Gates Notes」より翻訳引用

成功者たちが読書好きなのは知られているところですが、仕事のためだけではない、自分の好奇心を刺激するための読書。その姿勢がますます読書を楽しくしているようです。ビルはそれぞれの本の感想を「Gates Notes」に詳しく書いているので、それを先に読んでから本を読むもよし、本を読んだあとにビルの洞察力を感じるもよし。

Gates Notes

photo by Gettyimages

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 時は金なり。貴重な時間をロストする落とし穴ってこんなにある!

    6. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

    9. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    10. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    9. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    10. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    ビル・ゲイツの2017年おすすめ5冊を読んで、彼に一歩近づく

    FBからも最新情報をお届けします。