1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

ふと、自宅の床を見ると大量の抜け毛。通常、1日100本は抜けると言われてはいるけれど、なんだかそれより多い気がする......ということありませんか? じつは30代以降は抜け毛が増える年代。将来、豊かな髪を保つために、40代から必要な栄養素を正しく摂取しておきましょう。

タンパク質は必要不可欠

髪の成長に必要な栄養素の代表格が、タンパク質です。

1日に必要なタンパク質の量は、体重1kgあたり1〜1.5gと考えられています。ということは、たとえば体重50kgの人は1日50gのタンパク質が必要となります。タンパク質の体内での活用具合を示すプロテインスコアや調理時の損失などを考えると、3食コツコツとタンパク食材をとらないと、満たすのはなかなか難しい栄養素でもあります。

MYLOHAS」より引用

最近は低糖質高タンパク質のメニューをレストランやコンビニでも見かけるようになりました。積極的にランチに取り入れてみては? タンパク質が豊富なアーモンドをおやつ代わりにつまむのもいいかも。ちぢれ毛の原因のひとつにタンパク質不足が挙げられるため、ちぢれ毛を見つけたら、食生活を見直してみた方がよさそうです。

鉄は白髪予防にも

そして忘れてはいけないのが鉄。細胞が活発にはたらくためにはエネルギーが必要ですが、この、エネルギー作りに必要な酸素を身体のすみずみに運ぶ赤血球の材料でもあります。不足すると抜け毛はもちろん、白髪にも

MYLOHAS」より引用

女性は鉄不足になりやすいため、日頃から気をつけて鉄を摂取したいところ。同記事では、タンパク質や鉄を満たす優秀な食材として、卵とレバーを取り上げていました。このほかにもおすすめの食品がいくつか紹介されていたので、気になる人はチェックしてみましょう。

MYLOHAS

photo by Gettyimages

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

    FBからも最新情報をお届けします。