1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

ふと、自宅の床を見ると大量の抜け毛。通常、1日100本は抜けると言われてはいるけれど、なんだかそれより多い気がする......ということありませんか? じつは30代以降は抜け毛が増える年代。将来、豊かな髪を保つために、40代から必要な栄養素を正しく摂取しておきましょう。

タンパク質は必要不可欠

髪の成長に必要な栄養素の代表格が、タンパク質です。

1日に必要なタンパク質の量は、体重1kgあたり1〜1.5gと考えられています。ということは、たとえば体重50kgの人は1日50gのタンパク質が必要となります。タンパク質の体内での活用具合を示すプロテインスコアや調理時の損失などを考えると、3食コツコツとタンパク食材をとらないと、満たすのはなかなか難しい栄養素でもあります。

MYLOHAS」より引用

最近は低糖質高タンパク質のメニューをレストランやコンビニでも見かけるようになりました。積極的にランチに取り入れてみては? タンパク質が豊富なアーモンドをおやつ代わりにつまむのもいいかも。ちぢれ毛の原因のひとつにタンパク質不足が挙げられるため、ちぢれ毛を見つけたら、食生活を見直してみた方がよさそうです。

鉄は白髪予防にも

そして忘れてはいけないのが鉄。細胞が活発にはたらくためにはエネルギーが必要ですが、この、エネルギー作りに必要な酸素を身体のすみずみに運ぶ赤血球の材料でもあります。不足すると抜け毛はもちろん、白髪にも

MYLOHAS」より引用

女性は鉄不足になりやすいため、日頃から気をつけて鉄を摂取したいところ。同記事では、タンパク質や鉄を満たす優秀な食材として、卵とレバーを取り上げていました。このほかにもおすすめの食品がいくつか紹介されていたので、気になる人はチェックしてみましょう。

MYLOHAS

photo by Gettyimages

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    4. だれも、あなたの話を聞いていないから『1分で話せ』

    5. どうなる閉経・更年期? 40代カラダの不安は婦人科検診でスッキリ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. オフィスにこれ、あったらいいな。#ホンネ調査

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. 寝ている間に肌をリセット。ロクシタンから初の夜用美容液

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    5. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    9. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    10. だれも、あなたの話を聞いていないから『1分で話せ』

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    6. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

    FBからも最新情報をお届けします。