1. Home
  2. ライフスタイル
  3. レザーにホワイトペイント。大胆さが生む美しい色味の「タビ」ブーツ

レザーにホワイトペイント。大胆さが生む美しい色味の「タビ」ブーツ

レザーにホワイトペイント。大胆さが生む美しい色味の「タビ」ブーツ

「メゾン マルジェラ オモテサンドウ」の10周年を記念し、メゾンのアイコン的存在である「タビ」シリーズより、リミテッドエディションの「タビ」ブーツが発表されました。

ホワイトペイントがもたらす美しさ

20171208_margiela_1.jpg
ウィメンズ「タビ」ブーツ ヒール 8cm 135,000円(税別)

ウィメンズモデルはブラックのカーフレザーに白いペイントを施すことにより、絶妙なブルーグレーのニュアンスを生み出しています。まったくの均一なカラーリングではなく、ペイントならではの風合いが出ていて素敵です。ちなみにメンズモデルはベージュのカーフレザーにホワイトペイントをオン。こちらも何とも形容しがたい、美しい色味に仕上がっています。

20171208_margiela_2.jpg
メンズ「タビ」ブーツ 115,000円(税別)

大胆さこそ、メゾンの真髄

レザーをペイントしてしまう。

普通ではなかなかできないことをやってのける大胆さこそ、メゾン マルジェラらしさだと感じます。過去には割れた陶器皿をベストに仕立てたり、飲料ボトルの王冠トップをジャケットに仕立てたりと、幾度となく既成概念を覆してきました

今でこそおしゃれの定番になりつつ「タビ」シリーズも、1989年春夏コレクションで発表された当時、世間をアッと言わせました。諸外国の人以上に、足袋を履く文化を持つ我々日本人の目にはとりわけ新鮮に映ったのではないでしょうか。ましてや指先が二股に分かれた足袋の考案者にしてみたら、機能性を追求した結果としての靴下が、後世、デザインとして評価される日がくるなんて思いもよらなかったはず......(足首を紐で結ぶ袋状のものを靴下として履いていましたが、室町時代以降に草履が普及したことから武士の間で指先が二股に分かれた靴下が普及したと言われています)。

12月25日(月)までの約2週間、メゾン マルジェラ オモテサンドウはスペシャルディスプレイで飾られます。この期間中にリミテッドエディションの「タビ」ブーツを購入するとホリデーギフトのプレゼントがあるとのこと。初「タビ」ブーツの人も、買い足しの人も、クリスマスまでに表参道へ。

メゾン マルジェラ オモテサンドウ

住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE2階

電話:03-5778-0891

メゾン マルジェラ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    レザーにホワイトペイント。大胆さが生む美しい色味の「タビ」ブーツ

    FBからも最新情報をお届けします。