1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ついにトム・ハンクスも吠えた! セクハラ問題に「沈黙を破る人」続々

ついにトム・ハンクスも吠えた! セクハラ問題に「沈黙を破る人」続々

ついにトム・ハンクスも吠えた! セクハラ問題に「沈黙を破る人」続々

タイム誌が2017年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選んだのは、「サイレンス・ブレイカー(沈黙を破る人)」たち。

女優のアシュレイ・ジャッドや歌手のテイラー・スウィフトら、性暴力やハラスメント被害を告発した女性たちです。

TIMEさん(@time)がシェアした投稿 -

どんどん長くなる加害者リスト

アメリカでは、2017年10月に、アシュレイ・ジャッドが声を上げたことでハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題が明らかになったあと、加害者の名前が芋づる式に出るわ出るわ。

ハーヴェイの弟、ボブ・ワインスタイン、オリバー・ストーン、ベン・アフレック、ダスティン・ホフマン、ケヴィン・スペイシーなど。TVニュースキャスターやプロデューサー、脚本家ら。政治界や音楽界、はては4代前のブッシュ元大統領までリスト入り。被害者には男性もいます。

加害者がひっきりなしに挙がる現状に、わたしの頭によぎったのは、「トム・ハンクスのような人がもし告発されるようなら、ほんとうに救いがない」

そう、だってわたしは、トム・ハンクスは現代ハリウッドの良心だと思っているから。

ハリウッドの良心、トム・ハンクスが吠えた

その彼が、映画業界誌「The Hollywood Reporter」のインタビューでこの問題について発言しました。「人を食いものにする人はどこにでもいる。ハラスメントは罪で、違法だ」と前置きして、こう続けます。

製作オフィスを持つ人は倫理ルールと行動ルールを確立するようになるだろう。そのルールを守らない人はハリウッドでは働けなくなる。それは悪いことじゃない。誰かが言っていたよ、「状況を変えるのには遅すぎるのでは?」って。いや、そんなことはない。新しい行動を学ぶのに遅すぎることなんてないんだ。行いを変えることは、プロの倫理に従う人の責任なんだ。

The Hollywood Reporter」より翻訳引用

ハリウッドの男性側の意見が聞こえてこないなか、トムの意見に注目しました。

もう黙ってはいない2018年

Radio DJ David Mueller groped Taylor Swift during a photo op in 2013. She reported him to his radio station, KYGO, and he was terminated. He said her accusations were false and sued Swift. She countersued for $1 and won. "When I testified, I had already had to watch this man's attorney bully, badger and harass my team, including my mother ... I was angry. In that moment, I decided to forgo any courtroom formalities and just answer the questions the way it happened. This man hadn't considered any formalities when he assaulted me ... Why should I be polite? I'm told it was the most amount of times the word ass has ever been said in Colorado federal court." (Mueller's lawyer did not respond to multiple requests for comment.) @taylorswift is among the Silence Breakers, TIME's Person of the Year. Read the full story on TIME.com. Photograph by Billy & Hells for TIME. #TIMEPOY

TIMEさん(@time)がシェアした投稿 -

タイム誌の表紙に登場したテイラー・スウィフトは、インスタグラムで「15分、15日、15年経ってから性暴力やセクハラを告白したからといって、その人は責められるべきではありません」と伝えました。

2017年8月、2013年にラジオ局で受けたセクハラ関連の裁判に勝利したテイラー。セクハラや性暴力に時効はないのです。

これからは、被害を受けた人はもちろん、受けかけたり目撃したりした人も「沈黙を許さない人」へ。変化の波を感じています。

People, The Hollywood Reporter, NRP, NBC News

photo by Gettyimages

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    3. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    8. リッチなアジア人増えてきた気がするけど、本当にそうなの?

    9. 嘘みたいに優秀!? 6人の賢者が教えるオイル美容のワザ

    10. 「いいね」「できる」で記憶は変わる。がんばりたくない人むけ自己改善法

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    ついにトム・ハンクスも吠えた! セクハラ問題に「沈黙を破る人」続々

    FBからも最新情報をお届けします。