1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 自宅でホットストーンを。年末年始のマストバイな贅沢マスク

自宅でホットストーンを。年末年始のマストバイな贅沢マスク

自宅でホットストーンを。年末年始のマストバイな贅沢マスク

1年頑張った自分自身に何かご褒美をあげたくて、癒しと贅沢な気持ちの両方が得られるものを考えました。結果、これだと思います。「エスティ ローダー」の新作「リニュートリィブ ダイヤモンド マッサージ マスク」。成分がすごいのは言わずもがな。ご褒美感があると思ったのは、その使い方です。

ホットストーンの原理を取り入れた

20171212_estee_1.jpg
「リニュートリィブ ダイヤモンド マッサージ マスク」48g 46,000円(税別)。特別に開発されたクリームと、温めて用いるセラミック ストーンにより、セルフケアで最大限の効果を引き出し、肌の印象を一変させる。洗い流し不要なので、つけたまま寝てOK。

同製品には白いセラミック ストーンが付属しています。これを使ってマッサージするのです。が、使う前にワンステップ。お湯に1分ほど浸して温めておく必要があります。ちょっと面倒くさい......と思わないでも大丈夫。筆者なら、お風呂に入る際に浴槽に入れてしまっておきます。

ストーンを温めている間に、クリームを肌に薄く伸ばしておきましょう。ストーンが温まったら水気を軽くとって、平らな面を使ってクリームを馴染ませながらマッサージしていきます。顎部分から耳、鼻からこめかみに向けて小さく円を描きながら、あるいは頬骨からこめかみにかけて滑らせたり、眉間から額とフェイスラインを通りながら鎖骨にかけて流したり。

室温では個体状態を保っているクリーム内のオイルがストーンの熱によってとろけ、するすると肌内部へ浸透。マッサージによって微小循環が促進され、生き生きとした明るい印象の肌へと導かれます。ううむ、スパのホットストーンセラピーのようで、なんとも気持ちよさそう......!

ブランド独自の稀少成分を高配合

配合される主要成分は、リニュートリィブ ダイヤモンド コレクションが誇るブラック ダイヤモンド トリュフ エキス肌の生命力を蘇らせる同成分を高配合するほか、脂質バリアの修復をサポートする植物性オイルや、引き締め効果のあるビタミンCとグリーン アルゲ エキス、鎮静効果のある24Kゴールド、輝きをもたらす南洋真珠が含まれます。

健康的でハリのある、活力を感じさせる肌へ。お疲れ肌が癒され、回復するという、年の瀬と新年の始まりにぴったりのマスク。製品内容に比例してお値段もラグジュアリーなのですが、毎晩のトリートメントとして継続的に使えるので、サロンで一発逆転を一時的に図ることを考えるとリーズナブルなのではないでしょうか(人の手でケアしてもらうサロンのよさもありますけども)。

エスティ ローダー

電話:03-5251-3386

エスティ ローダー

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    7. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    自宅でホットストーンを。年末年始のマストバイな贅沢マスク

    FBからも最新情報をお届けします。