1. Home
  2. 配信除外
  3. マイロハス
  4. 惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

朝はコーヒーで目覚め、ランチでも食後に1杯。午後にはコーヒーブレイク、そしてディナーの後に1杯......。気がつけば1日に何杯もコーヒーを飲んでいることがあります。このように「コーヒー」が手放せない状態は、副腎が疲れているサインかもしれません。気になる副腎疲労とコーヒーとの上手なつき合い方を紹介します。

カフェインのとりすぎで疲労倍増?

2つの腎臓のうえにある、ぶどうぐらいの大きさの副腎。ここからはさまざまな種類のホルモンを分泌しています。その数50種類以上。なかでも注目したいのがストレスと対抗するためのホルモン、コルチゾールです。コルチゾールはストレスを感じるたびに、血圧や血糖値、神経作用などを調整、全身を守るためにはたらきます。

MYLOHAS」より引用

ストレス過多になるとコルチゾールの分泌が過剰になり、副腎も結果的に疲れてしまうのだそう。疲れた副腎からは、コルチゾールが十分に分泌されなくなってしまいます。しかし、この疲れた副腎を刺激するのがカフェインです。

じつはコーヒーに含まれるカフェインは、副腎を刺激してコルチゾールを出すようはたらきます。コーヒーを飲むと元気が出るように感じるのはそのせい。しかしカフェインが切れるとともにコルチゾールの分泌も減り、そのあとはどっと疲れが。副腎もぐったりしてしまうのです。つまり、カフェインの力を借りてムリに元気を出している、という状態とも考えることができます。

MYLOHAS」より引用

とくに長時間働く人や完璧主義の人は副腎が疲れやすいというから注意が必要です。

コーヒーとうまく付き合う

副腎を酷使しないためにも、日頃コーヒーを多く飲むという人は、カフェインとのつき合い方を見直す必要があります。たとえば、コーヒーは本当に飲みたいときだけに限る。デカフェのものにするなど、方法はいろいろあります。

また、無性にコーヒーが飲みたくなるときは「ストレスが増えているサイン」と受け止め、自分をいたわることも大切。コーヒー以外のリラックスやリフレッシュの方法を見つけて、気分転換するとよいでしょう。

MYLOHAS

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

    FBからも最新情報をお届けします。