1. Home
  2. 配信除外
  3. マイロハス
  4. 惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

朝はコーヒーで目覚め、ランチでも食後に1杯。午後にはコーヒーブレイク、そしてディナーの後に1杯......。気がつけば1日に何杯もコーヒーを飲んでいることがあります。このように「コーヒー」が手放せない状態は、副腎が疲れているサインかもしれません。気になる副腎疲労とコーヒーとの上手なつき合い方を紹介します。

カフェインのとりすぎで疲労倍増?

2つの腎臓のうえにある、ぶどうぐらいの大きさの副腎。ここからはさまざまな種類のホルモンを分泌しています。その数50種類以上。なかでも注目したいのがストレスと対抗するためのホルモン、コルチゾールです。コルチゾールはストレスを感じるたびに、血圧や血糖値、神経作用などを調整、全身を守るためにはたらきます。

MYLOHAS」より引用

ストレス過多になるとコルチゾールの分泌が過剰になり、副腎も結果的に疲れてしまうのだそう。疲れた副腎からは、コルチゾールが十分に分泌されなくなってしまいます。しかし、この疲れた副腎を刺激するのがカフェインです。

じつはコーヒーに含まれるカフェインは、副腎を刺激してコルチゾールを出すようはたらきます。コーヒーを飲むと元気が出るように感じるのはそのせい。しかしカフェインが切れるとともにコルチゾールの分泌も減り、そのあとはどっと疲れが。副腎もぐったりしてしまうのです。つまり、カフェインの力を借りてムリに元気を出している、という状態とも考えることができます。

MYLOHAS」より引用

とくに長時間働く人や完璧主義の人は副腎が疲れやすいというから注意が必要です。

コーヒーとうまく付き合う

副腎を酷使しないためにも、日頃コーヒーを多く飲むという人は、カフェインとのつき合い方を見直す必要があります。たとえば、コーヒーは本当に飲みたいときだけに限る。デカフェのものにするなど、方法はいろいろあります。

また、無性にコーヒーが飲みたくなるときは「ストレスが増えているサイン」と受け止め、自分をいたわることも大切。コーヒー以外のリラックスやリフレッシュの方法を見つけて、気分転換するとよいでしょう。

MYLOHAS

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    惰性で飲むのは控えよう。コーヒーと上手につき合う方法

    FBからも最新情報をお届けします。