1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 生き続けるザハ・ハディッドの芸術。シャーロット・オリンピアとのコラボ

生き続けるザハ・ハディッドの芸術。シャーロット・オリンピアとのコラボ

生き続けるザハ・ハディッドの芸術。シャーロット・オリンピアとのコラボ

2016年3月、建築家のザハ・ハディッドが亡くなったとき、あの独特な美しい曲線はもう見られないのかと思ったのです。しかし、ザハの死後も彼女のオフィス「ザハ・ハディッド・アーキテクツ」は作品を発表し続けています。

ザハ・ハディッド×シャーロット・オリンピア

最新発表されたのは、イギリスのシューズブランド「Charlotte Olympia(シャーロット オリンピア)」とのコラボレーションです。

シャーロット・オリンピアこと、シャーロット・オリンピア・デラルは1981年生まれのイギリスの靴デザイナー。ネコのモチーフや、昔のハリウッド女優がはいていたようなゴージャスなデザインで知られています。

芸術的なシューズとバッグ

さて、ザハとのコラボ製品はこちら。

上から見ただけではローズゴールドのふちどりのある黒いパンプスですが、別の角度から見たときのこのインパクト。シルバーのプラットフォームにローズゴールドのゆるやかなカーブ。ヒールのようにも見えるウェッジは、メカニカルであると同時に妖艶。艶やかなデザインに見惚れてしまいます。お値段は、2295ドル(約26万円)。高いのは14センチのウェッジだけではありませんでした。

透明な製品のほうは、花瓶かなと思っていたら......クラッチバッグ! 「ザハ・ハディッド・バッグ」は、3795ドル(約43万円)。見た目はガラスのようですが、さすがにそれはなかったようです。素材は、パースペックスというアクリル。パースペックスは、パンプスの足の甲部分の縁どりにも使われているんです。見ても芸術。履いても芸術(想像)。お値段も芸術的なのです。

新しいザハに出会える

このプロジェクトは、ザハが存命だった2015年に始まっていたそうです。

ザハのデザインは生き続けて、新しいものが生み出されています。2018年はどんなところで彼女のデザインが見られるのでしょうか。

Design Milk, Charlotte Olympia, Business of Fashion

photo by Gettyimages

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    生き続けるザハ・ハディッドの芸術。シャーロット・オリンピアとのコラボ

    FBからも最新情報をお届けします。