1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 相手の怒りを丸くおさめて、口論をさっさと終わらすコツ

相手の怒りを丸くおさめて、口論をさっさと終わらすコツ

1,416

相手の怒りを丸くおさめて、口論をさっさと終わらすコツ

できれば言い争いは避けたい。けれど、会社で同僚と意見の食い違いから口論になることもあるでしょう。職場でなくても、家庭でパートナーと些細なことで喧嘩になってしまった、という経験をもつ人もいるはず。口論をヒートアップさせず丸く収める方法についての、有名司会者オプラ・ウィンフリーのアドバイスがあります。

口論を収める問いかけ

そうした状況に対処するためのさまざまなテクニックについては山ほど読んできたつもりですが、先日、すばらしいアドバイスを耳にしました。それは、「口論から何を求めているのかを相手に尋ねる」ということ。

もともとはトーク番組の司会者オプラ・ウィンフリーの助言だそうです。

Lifehacker[日本版]」より引用

怒っている相手は、口論の最中にそもそもなぜ怒っていたのかを忘れ、単に怒りがエスカレートしている状態になっているかもしれません。怒りをなだめるコツは、まず「相手が何を得ようとしているのかを、穏やかに敬意を持って尋ねる」こと。

相手に尋ねることによって、問題の根っこに少しだけ早くたどり着けて、壮大なバトルを繰り広げる必要がなくなるかもしれないのです。少なくとも、あなたは相手の考えに耳を傾けようとしていますし、実はそうしなかったことがそもそもの原因だったという場合もよくあります。

Lifehacker[日本版]」より引用

相手の怒りの原因が分かったら、話し合いをはじめるとよいでしょう。

相手の話を聞いていることを伝える

とはいえ、すぐには答えの出ない問題もあります。そんなときは「あなたの話をきちんと聞いている」と伝えるだけでも良いのだとか。

相手の考えを聞き、理解していると認めるだけで、争いを終わらせる(もしくは少なくとも、その件について生産的な対話を始める)には十分なこともあります。相手の話をちゃんと聞くだけで、友情や結婚生活や仕事関係が保たれることも少なくないのです。

Lifehacker[日本版]」より引用

つまりは、傾聴力を磨くということ。もし誰かと言い争いになってしまったら、まずは相手の言い分を聞いてみるのが大人の対応といえそうです。

Lifehacker[日本版]

photo by Gettyimages

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    相手の怒りを丸くおさめて、口論をさっさと終わらすコツ

    FBからも最新情報をお届けします。