1. Home
  2. キャリア
  3. 海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

サラ・ジェシカ・パーカー主演のドラマシリーズ『DIVORCE』。そのシーズン2が1月にアメリカで公開されるというニュースが流れるなか、どうしても知りたいことがあります。

『DIVORCE』の主人公フランシスはギャラリーを開き、サザビーズで働き始めるのですが、ギャラリストにはそんなに簡単になれるものなのかということ。今回はギャラリーを開くことについて、東京でギャラリー「Take Ninagawa」を経営する蜷川敦子さんに聞いてみました。

アート作品に価値を付け、次の歴史を作ることが仕事

20171230_gallerist_1.jpg
Installation view of "Danh Vo: Wishbone" at Take Ninagawa, Tokyo 2014c Danh Vo, Courtesy of Take Ninagawa, TokyoPhoto by Kei Okano

「誰でもギャラリーは開けます。店を持てばいいだけなので」

歯に衣着せぬ物言いの蜷川さん。ようは『DIVORCE』のフランシスのように知り合いのアーティストの作品を陳列するだけなら、知識がなくても簡単にギャラリストになれてしまうのだそう。そういう蜷川さんは大学生の頃すでに「ギャラリストになりたい」と思ったのだとか。「最初はノンプロフィット(非営利)かプロフィット(営利)か悩みましたけど、経済活動を作ることが当時の時代背景を考えると重要だなと思ったんですよね」

作品が作家の手から離れ、経済活動の中で循環して行くその行為が、ひいてはアートヒストリーを作ることと同一でもある。作家は次の作品を制作し、それが繰り返し行われることで、アートの歴史が作られ、次の世代へと繋がっていく。その経済活動を作っていくのが、蜷川さん曰くギャラリストの仕事なのだそうです。

3回目の展覧会で大竹伸朗個展を実現

20171230_gallerist_2.jpg
Installation view of "Aki Sasamoto: Menu" at Take Ninagawa, Tokyo 2017c Aki Sasamoto, courtesy of Take Ninagawa, Tokyo.Photo by Kei Okano

海外に出ていくことを目指していた蜷川さん。開廊2年目でフランスのアートフェア「フィアック」に出展、今では世界最大のアートフェア「アート・バーゼル」にも出展し、世界的に認知されるギャラリーになりました。蜷川さんに訊いた成功の秘策とは

「人づきあいができないんですよね。売り込むことも苦手ですし。でもかかわってきた人と、大事に長くつきあってきました。そうしているうちに信頼してくれるようになり、人を紹介してくれたり、助けてくれたり。その方たちが、Take Ninagawaを育ててくれたと思います」

開廊からわずか3回目の展覧会で個展が実現した芸術家・大竹伸朗さんには、蜷川さんみずから展覧会の依頼をしたのだそう。「若手の多くの芸術家が影響を受けているのが、大竹さんでした。彼と一緒に仕事がしたいと思い、コンタクトをとったんです。初めてお会いしたときの彼の所作を見て、大竹さんの価値観を自分も大事にできるだろうと感じ、自信がわいたおぼえがあります」

当時すでに大物アーティストで、その斬新さは今もずば抜けている大竹氏。彼をはじめ、人とコミュニケーションを取る工夫はあるのでしょうか?

「話を聞いて相手の優先順位を把握するよう努めます。次に事実関係のみ伝え、自分の考えが影響を与えないよう気遣います。自分の考えはダイレクトに伝えます」

ギャラリーは新しいアートを発信する場でもある、という蜷川さん。「ギャラリーに来て、話しかけてほしいです。見てもらえて、興味を持ってもらえるだけで私たちは嬉しいので、積極的に話しかけてください」

ギャラリストには誰でもなれる。けれど、彼女のようにアートの歴史にコミットするのであれば、アートヒストリーの知識、そしてぶれない価値観が必要なようです。

Take Ninagawa

福永博子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    6. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 最近のアメリカ人が子どもを欲しくない理由

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    8. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    9. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    3. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

    FBからも最新情報をお届けします。