1. Home
  2. キャリア
  3. 海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

サラ・ジェシカ・パーカー主演のドラマシリーズ『DIVORCE』。そのシーズン2が1月にアメリカで公開されるというニュースが流れるなか、どうしても知りたいことがあります。

『DIVORCE』の主人公フランシスはギャラリーを開き、サザビーズで働き始めるのですが、ギャラリストにはそんなに簡単になれるものなのかということ。今回はギャラリーを開くことについて、東京でギャラリー「Take Ninagawa」を経営する蜷川敦子さんに聞いてみました。

アート作品に価値を付け、次の歴史を作ることが仕事

20171230_gallerist_1.jpg
Installation view of "Danh Vo: Wishbone" at Take Ninagawa, Tokyo 2014c Danh Vo, Courtesy of Take Ninagawa, TokyoPhoto by Kei Okano

「誰でもギャラリーは開けます。店を持てばいいだけなので」

歯に衣着せぬ物言いの蜷川さん。ようは『DIVORCE』のフランシスのように知り合いのアーティストの作品を陳列するだけなら、知識がなくても簡単にギャラリストになれてしまうのだそう。そういう蜷川さんは大学生の頃すでに「ギャラリストになりたい」と思ったのだとか。「最初はノンプロフィット(非営利)かプロフィット(営利)か悩みましたけど、経済活動を作ることが当時の時代背景を考えると重要だなと思ったんですよね」

作品が作家の手から離れ、経済活動の中で循環して行くその行為が、ひいてはアートヒストリーを作ることと同一でもある。作家は次の作品を制作し、それが繰り返し行われることで、アートの歴史が作られ、次の世代へと繋がっていく。その経済活動を作っていくのが、蜷川さん曰くギャラリストの仕事なのだそうです。

3回目の展覧会で大竹伸朗個展を実現

20171230_gallerist_2.jpg
Installation view of "Aki Sasamoto: Menu" at Take Ninagawa, Tokyo 2017c Aki Sasamoto, courtesy of Take Ninagawa, Tokyo.Photo by Kei Okano

海外に出ていくことを目指していた蜷川さん。開廊2年目でフランスのアートフェア「フィアック」に出展、今では世界最大のアートフェア「アート・バーゼル」にも出展し、世界的に認知されるギャラリーになりました。蜷川さんに訊いた成功の秘策とは

「人づきあいができないんですよね。売り込むことも苦手ですし。でもかかわってきた人と、大事に長くつきあってきました。そうしているうちに信頼してくれるようになり、人を紹介してくれたり、助けてくれたり。その方たちが、Take Ninagawaを育ててくれたと思います」

開廊からわずか3回目の展覧会で個展が実現した芸術家・大竹伸朗さんには、蜷川さんみずから展覧会の依頼をしたのだそう。「若手の多くの芸術家が影響を受けているのが、大竹さんでした。彼と一緒に仕事がしたいと思い、コンタクトをとったんです。初めてお会いしたときの彼の所作を見て、大竹さんの価値観を自分も大事にできるだろうと感じ、自信がわいたおぼえがあります」

当時すでに大物アーティストで、その斬新さは今もずば抜けている大竹氏。彼をはじめ、人とコミュニケーションを取る工夫はあるのでしょうか?

「話を聞いて相手の優先順位を把握するよう努めます。次に事実関係のみ伝え、自分の考えが影響を与えないよう気遣います。自分の考えはダイレクトに伝えます」

ギャラリーは新しいアートを発信する場でもある、という蜷川さん。「ギャラリーに来て、話しかけてほしいです。見てもらえて、興味を持ってもらえるだけで私たちは嬉しいので、積極的に話しかけてください」

ギャラリストには誰でもなれる。けれど、彼女のようにアートの歴史にコミットするのであれば、アートヒストリーの知識、そしてぶれない価値観が必要なようです。

Take Ninagawa

福永博子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    3. 犬「なんて登り降りしやすいんだ! 」

    4. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    5. アイス好きとお酒好きに捧ぐ。夢の食べもの「アイスバーカクテル」

    6. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    7. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. わたしは何をがんばればいいの? 大人美肌の育て方

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. もしも部下が発達障害だったら?

    2. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    3. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    4. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    5. 犬「なんて登り降りしやすいんだ! 」

    6. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    7. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    8. おしゃべりな人ほど若く見えるのには、ちゃんとした理由があった。

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    7. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    8. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    9. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    海外ドラマ『DIVORCE』フランシスのようにギャラリストには簡単になれるの?

    FBからも最新情報をお届けします。